魂のために-167

 現在「魂」と言う言葉を使うとき、霊魂とか霊とか、心の活力、核となる大事なもの、固有の精神とかの意味になるようだ。  霊魂とか霊とかは、肉体を離れても存在し、不滅だと信じられてきた。だが、現在周りの人を眺めても、魂を失った人はゴロゴロいるし、動物システムや植物システムに魂が転落した人もざらに見かける。  こんなことは、もちろん人類が初めて経験することであり、気づかないことの方が多いのだが、裁…

続きを読む

患禍を呼び寄せる者たち・その2-165

 十戒(じっかい)というと、旧約聖書に出てくるモーセの十誡、殺す勿れ・盗む勿れ・姦淫する勿れなどや、仏教の沙弥の十戒、不殺生・不偸盗(ふちゅうとう)・不淫などが思い浮かぶが、同じようなものに煩わしい訓示や訓戒が数多ある。各団体や組織にはそれぞれに慣習があり、新人に1日でも早くそれに従うようになることを求める。中には、何を根拠にそんなことを求めるのか、よく分からないものもあり、真剣に取り組む気持ち…

続きを読む

1:1000ー144

「超大質量ブラックホール(ちょうだいしつりょうブラックホール、英: Supermassive black hole)は、太陽の10万倍から100億倍程度の質量を持つブラックホールのことである。全てではないが、銀河系(天の川銀河)を含むほとんどの銀河の中心には、超大質量ブラックホールが存在すると考えられている」(Wikipedia『超大質量ブラックホール』より) ブラックホールは、巨大星…

続きを読む

邪気払いー118

 会社の親睦会で1泊の旅行に出かけたとき、普段やったことのない人と麻雀をする機会があった。その人は、私より4歳年長で、取引もない会社の社長だった。たまたまスケジュールが空いたので参加したようだったが、全然知らない顔ではなく、よく見知った顔だった。  その社長さん、麻雀を開始するや不自然な動きが目立った。洗牌もそこそこに牌を手元に掻き集め牌を積んでいる。いわゆる「積み込み」をやっているのは、素人…

続きを読む

時代の節目ー112

 この部屋に移って20年近くなるが、10年ほど前、隣室に発達障害者が住むようになり、4年ほど前、上室に同じような障害者が来て、『農薬大国日本の現状』で「農薬の使用量と、発達障害の発生率は、関係している可能性が極めて高い」(IWJ・平山茂樹)ことの現れではないかと書いた。先の2人は引っ越していったが、上室にはまた同じような障害者が住んでいる。つい最近まで、住人が変わったと分からなかった。踏み鳴らし…

続きを読む

霊的な浄化 (103)

 ハッキリしたことは忘れたが、1990年前後のことだったと思う。  秋も肌寒さを感じるようになった頃、知人の建前の手伝いに行くと、木造2階建ての大きな家の柱は、20㎝はあろうかと言う太い角柱だった。  私は建前の手伝いと言っても初めてのことで、何をして良いかも分からず、聞くにしてもほとんどが見知らぬ顔でままならなかった。みんなにヘルメットと軍手が渡された。  私は何かをしたという明確な記憶…

続きを読む

進化のプロセス (98)

『スミワタルタカキホシノヒメミコ様からの通信文2   地球の歴史の始まり、宇宙の構造と4種類の人類 2014/11/23 10:30 PM』 「現在の人間は大きく分類すると、4種類の人類で成り立っています。 ①まずほとんどの人間が属するグループとして 地球の進化のプロセスとして、鉱物→植物→動物→精霊→妖精→人間としての進化の結果、新人類として位置付けられる人類。 ②宇宙から入植してき…

続きを読む

思い上がり (97)

 これからの新時代、遍く情報開示が必須条件になる。拒絶は許されず、そんなことをすれば、生き残れずに滅びてゆく運命を辿ることになる。  少し前までは、ほとんど目にしなかった真相が、徐々に明かされている傾向にあると気づく。闇夜から月夜くらいにはなっただろうか。それがこれからは、白日の下になるということだろう。  シャンティ・フーラの時事ブログ2016/03/02 7:03 PM 『[週刊文…

続きを読む

歩いて行く道は見えた

 農地が減っている。近所で目につく所だけでも大幅に減っている。建物が建ったり、駐車場に変わっている。その一番大きな要因と思われるものは、2008年の原油価格の高騰だった。ビニールハウスの暖房費が嵩んで生産性が悪化したために、多くのビニールハウスが姿を消した。農業は、化学肥料や農薬、機器の燃料、光熱費、ビニールなど諸経費の大部分を石油に頼っている。漁業でも船の燃料費が高くなりすぎて、利益が出なくな…

続きを読む

非暴力を守れない

 2007年6月26日、愛知県犬山市の時津風部屋の宿舎で、稽古中に新弟子の時太山(17才、序ノ口)が暴行を受け死亡した。この事件の被害者の遺体の写真を見たとき、両太腿の変色から、同じように遺体の両太腿に変色のある小林多喜二を思い出した。  小林多喜二はプロレタリア文学作家で、1933年2月20日、特別高等警察に逮捕され、築地警察署内で拷問を受け死亡した。  私がこの一週間ほど前に読んだばかり…

続きを読む

天界の改革が終了した-34

 シャンティ・フーラの時事ブログ2015/03/18 10:29 PMによると、2007年から始まった天界の改革が、2015年3月17日をもって終了したとある。  スミワタルタカキホシノヒメミコ様の宇宙と地球の歴史に関する通信を妨害するために、14日銀河神が偽の通信をすると言うことが起きていた。  私などは至極単純で、つい最近まで、神は善なるものと思い込んでいた。だが、『天界の改革』を読んだ…

続きを読む

波動1ー3-8

 そもそも、なぜ修行するのかと言えば、大きな目的に解脱することがあるが、それに至る前の一つに、波動を上げて日常を楽に過ごすことが挙げられる。楽に過ごすと言っても怠けているのではない。無駄な力も入らず、体も心も癒やされたリラックスした状態を言うのだ。  ヨーガ・スートラに禁戒(ヤマ)・勧戒(ニヤマ)がある。禁戒は非暴力・正直・不盗・禁欲・不貪の5つ、勧戒は清浄・知足・苦行・読誦・最高神への信仰の…

続きを読む