日本人3%-425

 2021年4月11日(現地時間)アメリカ・ジョージア州のオーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブで開催されたマスターズ・トーナメントで、松山英樹が日本人で初めて優勝した。  マスターズ・トーナメントは、全米オープン、全英オープン、PGA選手権と共にゴルフ4大メジャーと称される。4大メジャー総てを制するとグランドスラム。 松山英樹 ・無意識レベルのカルマ  1992年2月25日(0歳)ー…

続きを読む

あんりに真珠-423

 YouTube『あんりの写真で人志松本がひと言【ぼる塾】』2021/03/15  「500円貯金してるんですか?」  真珠のネックレスのあんりを豚の貯金箱に見立てた松本人志の一言。  Wikipedia『ぼる塾』によれば、2012年5月に結成した「猫塾」(酒寄希望、田辺智加)と2016年4月に結成した「しんぼる」(あんり、きりやはるか)が、「2019年12月7日より2組が合流し正式に…

続きを読む

アスリート-421

『性暴力の復讐-420』(2021年03月19日)  昨年より20日も早く芽吹いたアオダモを目にした日にアップした420段に、Yuu2氏からコメントがあり、検知能力についての問い合わせがあった。問われてみれば、検知は数多くしているものの、肝腎の弥生艶葉樹の検知能力は真面(まとも)に取り扱ったことがない。  私が検知をしてその結果を記すようになるのは、やぶの中を初めて4ヶ月目になる22段か…

続きを読む

文筆の才能・その最終-418

『恩寵の光-415』(2021年02月18日)  415段で、弥生艶葉樹の直近の意識の進化段階を示しているが、カルマが無くなってから日々停滞なく上昇し続けているので、掲載後に連日新規記載もしている。  そこの2月24日付けのコメントに、弥生艶葉樹の愛の創造神への昇進を楽しみにするYuu2氏のものがあるが、2月20日のメールでもホツマの神への昇進に言及している。  弥生艶葉樹は、2月24…

続きを読む

恩寵の光-415

 2021年1月22日、カルマが神的レベルの超越(9)である読者M氏が、メールで、障りが軽くなった気がすると言うので、同居する家族のカルマを調べると、神的レベル-1になっている。カルマの差が障りの発生する最小の10であり、あと1ランク軽くすれば障りが消えるだろうと返信する。  この時点で、私はM氏の家族がカルマ軽減の祈りを行ったと思っていたのだが、M氏からの返信には、別の、以下の方法を行ったと…

続きを読む

人間離れ-412

 2021年9月1日に「デジタル庁」が新設されるが、その担当大臣平井卓也の顔を見ると、異様な感じが否めない。すぐに察する三白眼の不気味さではなく、血の通った人間が感じられず、何か別種の生き物を見るようである。  悪を為して人間ではなくなってゆく、その顕著な例が悪魔崇拝者であるが、人間の形をした別種の生き物を悪魔というのなら、まさに彼らは自らを悪魔にするために崇拝していると言える。 平井卓…

続きを読む

文筆の才能その19・大きな区切りが見えてきた-392

 2020年9月14日、弥生艶葉樹の意識の進化段階が19日振りに上昇して10.9になる。この前が21日振りで、1月(ひとつき)ペースにしては速くなっているが、それに匹敵する。  宇宙と銀河系2つのセントラルサンからの光が降り注ぐのも、2022年1月12日までの予定だから、あと16ヶ月、弥生艶葉樹の意識の進化段階は1.6上昇するとして、12.5が見えてくる。  2020年9月20日、弥生艶葉樹…

続きを読む

ある小学1年生の大学4年生-390

 シャンティ・フーラの時事ブログ2020/07/15 9:30 PM 『18倍も感染しやすい「三密」を避ける理由は、空気感染対策のため / 新型コロナウイルスには免疫が付かず再感染が有り得る』 <しかし、「三密」の定義では、「満員電車」が外れるのです。JR東海の葛西敬之名誉会長の機嫌を損ねないようにしたとしか思えません。>  国が掲げた標語「密閉・密集・密接」なる3密を避ける要請は、生…

続きを読む

文筆の才能その17・歌い手の知らせ-363

 私の住む集合住宅では、10年くらい前に光回線が導入されたが、私が利用するのは2014年5月からである。  竹下雅敏氏の講演を試聴するようになるのは2012年のことで、私の内なる体は2012年10月26日にお目に掛かっているのでこれ以後だと思われる。私が『東洋医学セミナー』を学ぶのは2013年6月からなので、学んでからお目に掛かったとの思いは間違いで、お目に掛かってから学んだのであり、つまりそ…

続きを読む

歌い手その10.5・意識を拡大せよ-55

 意識の進化段階が上がると、意識は拡大し、それまでの認識が思いも寄らず変化する。これは一般には気づきと言われ、本来これが起こって意識は拡大してゆくものだが、厄介なことに、気づきに至る道は千差万別で、王道と言ったようなものはないから、専一に取り組むこともできない。  いや、宗教の本義は、この気づきの繰り返しの中に、大きな気づきを悟りとして求めてゆく修行法にあるのだが、いつしか道を外れて、組織に忠…

続きを読む

意識の拡大

 胎児は胎内が全世界だと認識する。出生して寝床のある部屋が全世界になり、自宅になり、隣近所になり、・・・、世界はどんどん拡大してゆく。この認識する全世界は意識と同義である。意識の拡大は、意識の進化段階としてきっちり身体に現れる。つまり、チャクラの覚醒として明確に示される。チャクラは下から順番に開いてゆく。開いたチャクラの下は全部開いており、閉じたチャクラの上は全部閉じている。例外はない。  意…

続きを読む

霊的な修行-46

 霊的な7つの界、7つの亜界、7つの次亜界、7つの次次亜界のうち、3界を仏教が細かく分類している。私たちが住むのは、欲界・第6亜界・第6次亜界の贍部州(せんぶしゅう)で、その下は、欲界・第6亜界・第7次亜界の等活(とうかつ)から欲界・第7亜界・第1~7次亜界の黒縄(こくじょう)・衆合(しゅうごう)・叫喚・大叫喚・焦熱・大焦熱・無間(むげん)までの8大地獄となる。  インド哲学では、単なる想像に…

続きを読む