文筆の才能その17・歌い手の知らせ-363

 私の住む集合住宅では、10年くらい前に光回線が導入されたが、私が利用するのは2014年5月からである。  竹下雅敏氏の講演を試聴するようになるのは2012年のことで、私の内なる体は2012年10月26日にお目に掛かっているのでこれ以後だと思われる。私が『東洋医学セミナー』を学ぶのは2013年6月からなので、学んでからお目に掛かったとの思いは間違いで、お目に掛かってから学んだのであり、つまりそ…

続きを読む

歌い手その10.5・意識を拡大せよ-55

 意識の進化段階が上がると、意識は拡大し、それまでの認識が思いも寄らず変化する。これは一般には気づきと言われ、本来これが起こって意識は拡大してゆくものだが、厄介なことに、気づきに至る道は千差万別で、王道と言ったようなものはないから、専一に取り組むこともできない。  いや、宗教の本義は、この気づきの繰り返しの中に、大きな気づきを悟りとして求めてゆく修行法にあるのだが、いつしか道を外れて、組織に忠…

続きを読む

意識の拡大

 胎児は胎内が全世界だと認識する。出生して寝床のある部屋が全世界になり、自宅になり、隣近所になり、・・・、世界はどんどん拡大してゆく。この認識する全世界は意識と同義である。意識の拡大は、意識の進化段階としてきっちり身体に現れる。つまり、チャクラの覚醒として明確に示される。チャクラは下から順番に開いてゆく。開いたチャクラの下は全部開いており、閉じたチャクラの上は全部閉じている。例外はない。  意…

続きを読む

霊的な修行-46

 霊的な7つの界、7つの亜界、7つの次亜界、7つの次次亜界のうち、3界を仏教が細かく分類している。私たちが住むのは、欲界・第6亜界・第6次亜界の贍部州(せんぶしゅう)で、その下は、欲界・第6亜界・第7次亜界の等活(とうかつ)から欲界・第7亜界・第1~7次亜界の黒縄(こくじょう)・衆合(しゅうごう)・叫喚・大叫喚・焦熱・大焦熱・無間(むげん)までの8大地獄となる。  インド哲学では、単なる想像に…

続きを読む