歌い手その43・レベル5が既にいた-269

 2019年3月28日昼頃、YouTubeを開くと「あなたへのおすすめ」に『雨の東京 真木ひでと 昭和うた』なる動画がある。真木ひでとはグループ・サウンズ出身の演歌歌手で、つい前日、オックス『ガールフレンド』の一節を思い出していたから、早速その動画を視て、途中でオックスを検索して、『ガールフレンド』『スワンの涙』を懐かしく聴く。  この2曲は私が小学生高学年の頃流行った曲で、中学生の兄が買った…

続きを読む

邪気払いー118

 会社の親睦会で1泊の旅行に出かけたとき、普段やったことのない人と麻雀をする機会があった。その人は、私より4歳年長で、取引もない会社の社長だった。たまたまスケジュールが空いたので参加したようだったが、全然知らない顔ではなく、よく見知った顔だった。  その社長さん、麻雀を開始するや不自然な動きが目立った。洗牌もそこそこに牌を手元に掻き集め牌を積んでいる。いわゆる「積み込み」をやっているのは、素人…

続きを読む

カルマ-109

 Wikipedia『業』より、 「業(ごう)とは、仏教の基本的概念で、サンスクリットのकर्मन् (karman) を意訳したもの。  サンスクリットの動詞の「クリ」(kR)の現在分詞である「カルマット」(karmat)より転じカルマンとなった名詞で、「行為」を意味する。業そのものは、善悪に応じて果報を生じ、死によっ…

続きを読む

霊的な浄化 (103)

 ハッキリしたことは忘れたが、1990年前後のことだったと思う。  秋も肌寒さを感じるようになった頃、知人の建前の手伝いに行くと、木造2階建ての大きな家の柱は、20㎝はあろうかと言う太い角柱だった。  私は建前の手伝いと言っても初めてのことで、何をして良いかも分からず、聞くにしてもほとんどが見知らぬ顔でままならなかった。みんなにヘルメットと軍手が渡された。  私は何かをしたという明確な記憶…

続きを読む

転換点-87

 物事が続くうちに、その流れの方向や状態が変化する転機となる、転換点というものが度々訪れる。我が人生を顧みると、その流れは2005年から著しく方向転換したことが分かるので、転換点はここにあると言える。  この年、部屋で倒れているところを大家さんに発見され、救急車で病院へ運ばれ、そのまま入院した。60㎏の体重から20㎏を失っていた。初めのうちは眼振があり、片目を瞑らなければ凝視できなかった。口が…

続きを読む

霊的な修行-46

 霊的な7つの界、7つの亜界、7つの次亜界、7つの次次亜界のうち、3界を仏教が細かく分類している。私たちが住むのは、欲界・第6亜界・第6次亜界の贍部州(せんぶしゅう)で、その下は、欲界・第6亜界・第7次亜界の等活(とうかつ)から欲界・第7亜界・第1~7次亜界の黒縄(こくじょう)・衆合(しゅうごう)・叫喚・大叫喚・焦熱・大焦熱・無間(むげん)までの8大地獄となる。  インド哲学では、単なる想像に…

続きを読む

波動1ー3-8

 そもそも、なぜ修行するのかと言えば、大きな目的に解脱することがあるが、それに至る前の一つに、波動を上げて日常を楽に過ごすことが挙げられる。楽に過ごすと言っても怠けているのではない。無駄な力も入らず、体も心も癒やされたリラックスした状態を言うのだ。  ヨーガ・スートラに禁戒(ヤマ)・勧戒(ニヤマ)がある。禁戒は非暴力・正直・不盗・禁欲・不貪の5つ、勧戒は清浄・知足・苦行・読誦・最高神への信仰の…

続きを読む