文筆の才能その18・流れに棹差す-375

 弥生艶葉樹の文筆の才能が、2020年7月11日神的レベル0になる。  前段 『歌い手その53・アバター-374』(2020年07月19日)  で、村上幸子の歌の才能は神的レベル9だが、実力は人間レベル9に留まるのを見た。  人間である以上人間の枠の中に収まるのは当然だけれども、神的レベルへ入ったら実力は変わらなくなると言っても、これが見ない理由にはなり得ず、見たいのは過程であるから、こ…

続きを読む

真贋(しんがん)-368

『詩人を視るー149』(2017年01月26日)  で詩人の愛が高いことを知る。  今段は、私が名の浮かぶ、日本の歌謡曲の作詞家3名を見てみる。 阿久悠・無意識レベルのカルマ  1937年2月7日(0歳)ー9(神的レベル)  2007年8月1日(70歳)ー9 星野哲郎・無意識レベルのカルマ  1925年09月30日(0歳)ー9(神的レベル)  2010年11月15日(85…

続きを読む

文筆の才能その17・歌い手の知らせ-363

 私の住む集合住宅では、10年くらい前に光回線が導入されたが、私が利用するのは2014年5月からである。  竹下雅敏氏の講演を試聴するようになるのは2012年のことで、私の内なる体は2012年10月26日にお目に掛かっているのでこれ以後だと思われる。私が『東洋医学セミナー』を学ぶのは2013年6月からなので、学んでからお目に掛かったとの思いは間違いで、お目に掛かってから学んだのであり、つまりそ…

続きを読む

文筆の才能その16・4月15日-356

 YouTubeで紳助fan『紳助vs一発屋・円広志』(2019/06/26)を見て、円広志(まどかひろし)『大阪Broken Heart』を聴いたら、円広志『越冬つばめ』も出てくるようになったので聴いたが、こちらの方が良かった。  この曲は、2019年芸能界を引退した森昌子が、1983年8月21日発売の41枚目シングルで歌ってヒットする。  当時の2人の歌の才能を見てみる。 歌の才能…

続きを読む

文筆の才能その15・神的レベルへ突入-349

 弥生艶葉樹の文筆の才能が、2020年3月21日神的レベル-3に上昇した。年度替わりの4月上旬を予想していたが、随分早まったような感じがする。 『才能が人間レベルへ突入しだした-171』(2017年05月28日) <今回取り上げた3人、大江健三郎、村上龍、大川栄策は、これからの人の才能は人間レベルが当然となる魁(さきがけ)となるものだろう。今や、そういう新しい時代に足を踏み入れたのである…

続きを読む

文筆の才能その14・超越-338

『歌い手その20ー135』(2016年11月20日) <弥生艶葉樹の最初に聴いた歌謡曲として記憶に残っているのは、女王の『ひばりの佐渡情話』(1962年10月5日発売)の一節「島の娘はなじょして泣いた~」である。5歳当時、隣に住んでいた叔父の家へよく遊びに行っていたが、そのとき叔父の口ずさむのを聞き、母に話したことを覚えている>  我が家に、細長い4本脚の白黒テレビが来たのは、1967年…

続きを読む

文筆の才能その13・奇跡の上達-321

 弥生艶葉樹の文筆の才能が、2019年12月17日人間レベル8に上昇した。  例によって、既出の変遷に纏める。 弥生艶葉樹・文筆の才能  2014年02月15日ー4(動物レベル)  2015年06月09日ー5  2015年11月15日ー6  2016年05月06日ー7  2016年10月11日ー8  2017年02月12日ー9  2017年06月13日ー-3(人間レベル) …

続きを読む

文筆の才能その12・シンクロニシティー-309

 弥生艶葉樹の文筆の才能が、2019年10月22日人間レベル7に上昇した。  例によって、既出の変遷に纏める。 弥生艶葉樹・文筆の才能  2014年02月15日ー4(動物レベル)  2015年06月09日ー5  2015年11月15日ー6  2016年05月06日ー7  2016年10月11日ー8  2017年02月12日ー9  2017年06月13日ー-3(人間レベル) …

続きを読む

文筆の才能その11・兆載一遇-300

 弥生艶葉樹の文筆の才能が、2019年9月1日人間レベル6に上がった。 『歴史は繰り返す?-298』 2019年09月01日  298段を読み返しながら最後のチェックをしていたところ、自分のことながら今までにない優れた能力を感じ、すぐに調べて確認した。  今までの分と合わせて記す。 弥生艶葉樹・文筆の才能  2014年02月15日ー4(動物レベル)  2015年06月09…

続きを読む

文筆の才能その10・日本語が読めない!-288

 シャンティ・フーラの時事ブログ2019/07/02 9:30 PM 『北方領土問題について河野太郎外相に質問、記事にした産経新聞、「ひどい捏造」とツイッターで書き込まれる!』 <先の記事で東京新聞が伝えていましたが、米朝の電撃会談直前に、河野太郎外相はツイッターで遊んでいて、G20の会議風景などの写真を次々と投稿し、「タローを探せ」というクイズを出題していたというのです。“日本終わった感”…

続きを読む

文筆の才能その9・豊かな才能-274

 下の記事で光宗薫の名前を初めて見たとき、光源氏と小説家の川上宗薫が思い当たり、「ひかる そうくん」と読んで男性かとばかり思った。因みに、川上宗薫の本名は「むねしげ」と言うのだそうな。光宗薫は、今でこそ「みつむね かおる」女性と分かっているが、名前の読みは、区切りが難しく、名付け親が銘々いる具合で統一性がないので、その都度覚えていくしかない。  高校生のとき、朝礼で校長先生が川端康成を「かわば…

続きを読む

文筆の才能その8・あれこれの才能-264

『罠に嵌まる者・節操をなくす者-228』2018/08/22 11:01 「K婦女・無意識レベルの禁欲  2015年5月24日ー2(動物レベル)  2016年9月11日ー1  2017年9月9日ー0 M婦女・無意識レベルの禁欲  2016年8月13日ー3(動物レベル)  2016年12月6日ー2  2017年6月4日ー1  2017年12月6日ー0 Y婦女・無意識レベルの禁欲…

続きを読む

文筆の才能その7・ついでに歌とダンス-243

   *  毎日の習慣。  起床して顔を洗い、髭を剃って、神棚に水を上げる。  神棚と言っても、本棚の上に、確か2013年に『竹下雅敏東洋医学セミナー』を受講していたとき、サービスで貰った発売したての、スミワタルタカキホシノヒメミコ様のポストカードを、写真立てに入れて飾っているだけのことである。  水はクリンスイの清水に、希望の命水10倍濃縮液を3滴入れてグラスに注いだもので、常飲する飲…

続きを読む

文筆の才能その5・上昇と下落と-208

 2018年3月17日、朝コンビニで買い物して帰ってくると、ワンルームマンションの、部屋のドアの前の、廊下のコンクリート塀のアルミ製の欄干に、鳶ほどの大鴉が道路の方を向いて何か口に銜えて止まっている。  鴉は、もっと小さいイメージなのだが、近距離で見ることが多くなったせいか、どら猫くらい大きくてびっくりする。  近所に新しいクリニックが建った折、竣工早々自転車置き場に、鴉が大量の糞を撒き散ら…

続きを読む

文筆の才能その4・神懸かり-199

 2018年1月15日、弥生艶葉樹の文筆の才能が人間レベルの-1に上がった。これまでの推移を振り返っておく。 弥生艶葉樹・文筆の才能  2014年02月15日ー4(動物レベル)  2015年06月09日ー5  2015年11月15日ー6  2016年05月06日ー7  2016年10月11日ー8  2017年02月12日ー9  2017年06月13日ー-3(人間レベル)  …

続きを読む

文筆の才能その3-190

 竹下雅敏氏の教育プログラムによって、人の外面はもちろん内面も波動を検知することで知ることができることを知った。  このブログで、初めに検知したのは、そもそも自らが感じた疑問、明らかに上手いと思う歌手とそうでない歌手との違いを他の人も感じているのか、そしてその違いは何であるのか、と言う疑問を晴らすのにそれを如実に叶える方法として竹下氏の方法が最適だと思い、内面のうちの歌の才能に取り組んだのだっ…

続きを読む

文筆の才能その2-154

 『文筆の才能ー141』2016/12/18 22:03で 「このペースでゆけば、次は来年の3月か4月に起こるはずだから、上昇したらまた報告するが」  と書いたが、ペースが1月ほど早まって、2017年2月12日に弥生艶葉樹の文筆の才能は9になった。  改めて変遷を挙げておく。 弥生艶葉樹・文筆の才能  2014年2月15日ー4(動物レベル)  2015年6月9日ー5(動物レベル)…

続きを読む

詩人を視るー149

「ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん」  中原中也『サーカス』の一節である。サーカス小屋の見えないブランコが揺れる。最初、詩人は聞こえない音楽でも聴いていて、絶対音感のある人のように、音を文字に変換したのがこの一節だと思っていた。が、そうではなくて、揺れるブランコが歪んでいるのを見て、それを写しているのである。  因みに、“ゆゐーん ゆゑーん ゆゐゆゑん”こんなフレーズを考えたら、や行制覇で…

続きを読む

文筆の才能ー141

 『歌い手その20ー135』で、思いつくまま作家の文筆の才能を見たが、平安時代から江戸時代の有名どころは洩れなく9(超越)なのに、明治時代以降の現代文学になるとバラツキが見られ、歴史的淘汰がまだ済んでいないとは言え、気になるので改めて現代文学を見てみる。  まずは既に見たお復習いから 文筆の才能 夏目漱石1916年12月9日ー5(動物レベル) 島崎藤村1943年8月22日ー6(動物レ…

続きを読む