悪のモットー-365

『地獄へ地獄へー359』(2020年05月02日) <感染予防と治療にビタミンCが効くことや、・・・>  注文したビタミンC製剤が5月3日に届き、即飲み出す。  時事ブログの情報より、私はピッタ体質なので、ビタミンCの摂取はピッタ・ドーシャを増悪させる虞があり、日に上限6錠2,000㎎の半分の3錠1,000㎎を3度の食後に分けて摂ることにする。便が緩くなってくると、その都度2錠に減らし…

続きを読む

天の裁きを垣間見る-361

 武漢ウイルスは、やはり武漢の生物兵器研究所から洩れ、中国は封じ込めに失敗して拡散させたようである。  アメリカはその証拠を摑んでいるものの、国際法上禁止されている生物兵器のその研究所に資金を出して協力しており、共犯と言う立場にあって断固たる態度も取れない模様で、裏のない正義が行われるのは何時(いつ)のことだろう。  しかしながら、武漢ウイルスのお蔭で、見えなかったものが見えてきていることも…

続きを読む

狼男がやって来た-351

『Tなる読者、自覚せよ-326』(2020年01月10日)  で取り上げたTなる読者は、 『奇妙な一致-345』(2020年03月14日)  に記したように、2020年3月12日、悪人から善人となる。  だが、326段で調べたTの健康は、 <T・健康  2019年12月2日ー0(人間レベル)  2019年12月19日ー-1  2019年12月22日ー-3  2019年12月…

続きを読む

感染の爆発-339

 シャンティ・フーラの時事ブログ2020/02/13 9:20 PM 『中西征子さんの天界通信54 新型コロナウイルスとの対話』 <どんな存在にも、“体、心、意識”が存在するとお伝えしていますが、中西征子さんが、ウィルスにも“体、心、意識”があるなら、通信はとれるはずだと思い、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の船内に限定して、新型コロナウイルスに呼びかけてみたところ、返事がかえってきた…

続きを読む

善人がくるー337

『転換点-87』(2016年02月07日) <2005年9月17日に入院した私は、12月1日に退院した>  退院した私がテレビで見たのが、フジテレビ系で放送されたドラマ『1リットルの涙』で、高校受験を控えた主人公池内亜也が発症するのが脊髄小脳変性症。ドラマを視ている時点ではまだ分からず、後年遺伝子検査をして分かるのだが、私が罹(かか)ったのも同じ病気だった。ただ主人公は遺伝的に日本人に一…

続きを読む

悪人だらけー336

 2020年1月30日、331段にコメントしてきたHenriなる読者がいる。 『神の霊導-331』(2020年01月23日)  Henriのコメントを読むなり、334段に書いた“嫌な感じ”を感じ取る。 『滅びの崇拝-334』(2020年02月01日) <悪人に対する受け容れられない“嫌な感じ”がして、どうしても引っ掛かる>  Henriが悪人というのは、Henriの徳目…

続きを読む

徳目の効能ー329

 2020年1月8日0:15、Pなる読者からメッセージが入り、カルマを調べてくれと言う。『Tなる読者、自覚せよ-326』(2020年01月10日)を執筆中の私は、Tのことで懲りているはずなのに、Pの依頼には不思議と抵抗を感じないばかりか乗り気で、朝飯前に一仕事して9:40には検知結果を知らせている。 P・無意識レベルのカルマ  1978年9月13日(0歳)ー-3(人間レベル)  198…

続きを読む

Tなる読者、自覚せよ-326

 Tなる読者がやぶの中へ初めてやって来たのは、読解力検知コーナーで、2019年10月9日のことだった。その後、2019年12月18日になって315段にコメントが入る。 <興味深く拝見しています。 読解力ではお世話になりました。 個人的な質問で恐縮ですが、現在精神異常をきたし生活もままならない状態です。 カルマ軽減の祈りは20回近く実施し、また昨年までは高波動と徳高く暮らし幸福で…

続きを読む

日本人の不徳-303

 嗚呼、悲しい哉、今の日本の内閣総理大臣は、安倍晋三である。  板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」 『「天災首相」こと、安倍晋三首相は11月19日に、在任期間最長2886日の桂太郎元首相を超えるけれど「大地震、大津波、大雨、水害。山崩れ、大火など」の災害に襲われた数は、恐らく最多だろう』 2019年09月23日 08時42分02秒  神は、思いの外…

続きを読む

事件をカルマから見る-223

 2018年5月24日、「紀州のドンファン」こと和歌山県田辺市の野崎幸助氏が死亡した事件は、未だ解決を見ない。  殺人ならカルマを見れば一目瞭然である。 野崎幸助・カルマ  2018年5月24日ー4ー4ー4ー4ー4ー4(動物レベル)  2018年5月25日ー5ー5ー5ー5ー5ー5  死んだ翌日、カルマが軽くなっているから、野崎氏は殺されたと分かる。犯人は、カルマが重くなっている…

続きを読む

八百長、発見!-194

 前段 『明らかな、あまりにも明らかな・・・-193』2017/12/25 11:18  で八角理事長や横綱白鵬、鶴竜の無意識レベルの正直が、日馬富士暴力事件後の短期間に下落する様を示し、3人が何かを隠蔽しているからとした。そして、その何かは、巷間囁かれる八百長であろうと判断した。  この段では、八百長に関わったであろう人物の内面を調べてゆく。  まずは内面「愛、野心、品格、性格、才能、…

続きを読む

夜明けは近い-191

『真実の手がかりー133』2016/11/05 10:52 「・・・特に悪の蔓延る社会では、手を汚さなければ出世できないことが多い。そんな中では、出世する者の中より、不遇な人の中に、望むべきいわゆる本物が隠れている。・・・」 『幸福を自覚できるかー134』2016/11/17 21:08 「・・・日本銀行総裁、内閣総理大臣、日本医師会会長、財務事務次官と無意識レベルのカルマを見てきたが…

続きを読む

罪の痕跡は隠せやしない-189

 たとえ安倍晋三・自公軍国ナチ政権庇護の下、警察、検察が見逃したとしても、霊的な波動の刻印は消えることはない。  いかなる悪をなしても、その直後から波動は下がり、悪の深刻さに応じて翌日波動は固定される。  竹下雅敏氏の教育プログラムによる内面(才能・品格・性格・カルマ・徳目・野心・愛)のうち、準強姦に関わるものを調べた。 山口敬之  性格   積極性    2015年4月4日ー7…

続きを読む

AIにないものを使う-185

 「ブッディ」なる言葉は、竹下雅敏氏の 『宗教学講座 初級コース 第23回 サーンキヤ哲学(自己と自性)』2009/11/20 公開  で始めて知った。  サーンキヤ哲学の二元論の一方であるプルシャ(自己)がもう一方のプラクリティ(自性)を見ることによって、均衡の崩れたプラクリティが展開を始める。すると、まず現れるのがチッタ(心)で、これがブッディ(覚)とマハット(大)である。  ブッデ…

続きを読む

時代の節目ー112

 この部屋に移って20年近くなるが、10年ほど前、隣室に発達障害者が住むようになり、4年ほど前、上室に同じような障害者が来て、『農薬大国日本の現状』で「農薬の使用量と、発達障害の発生率は、関係している可能性が極めて高い」(IWJ・平山茂樹)ことの現れではないかと書いた。先の2人は引っ越していったが、上室にはまた同じような障害者が住んでいる。つい最近まで、住人が変わったと分からなかった。踏み鳴らし…

続きを読む