誰もが決意-372

 東京都知事選挙は、私が前段で「二重に相応しくない」と言った小池百合子が“圧勝して当選”した。  都民は幸福を諦め亡者となること、愛を求めず薄情な仕打ちに耐えてゆくことを選んだ、などとは言うまい。が、結果的にそうなる行動をしたことに違いはない。真実を知らず虚妄に取り巻かれている人の、相変わらず多いことに驚くとともに、いい加減目を醒ませと叫ばずにはいられない。  だが、小池百合子にしても、この…

続きを読む

どうなる狼男の死体処理-369

 狼男は、 『牙を剥く人-340』(2020年02月20日)  で、満月の翌日2020年2月10日に、胡散(うさん)臭い人物の非暴力が下落しているのを見つけて使い出し、初めのうちは生物兵器を使うテロに加担する人だったものが、次第に牙を剥く人全般に拡大してゆく。  牙を剥(む)く人、換言すれば人を暴力を使って攻撃する人は思いの外(ほか)多く、大体半数と見込まれる。  私も『やぶの中』を開設…

続きを読む

悪のモットー-365

『地獄へ地獄へー359』(2020年05月02日) <感染予防と治療にビタミンCが効くことや、・・・>  注文したビタミンC製剤が5月3日に届き、即飲み出す。  時事ブログの情報より、私はピッタ体質なので、ビタミンCの摂取はピッタ・ドーシャを増悪させる虞があり、日に上限6錠2,000㎎の半分の3錠1,000㎎を3度の食後に分けて摂ることにする。便が緩くなってくると、その都度2錠に減らし…

続きを読む

肉体の滅び-362

 シャンティ・フーラの時事ブログ2020/05/12 12:00 PM 『八木啓代氏が指摘する「黒川弘務氏の正体」、検察腐敗の節目で暗躍 / 森友問題や伊藤詩織さん事件の不起訴につながった可能性』 <元山仁士郎@jin46o 「小渕優子ドリル事件」 「松島みどりうちわ配布問題」 「甘利明金銭授受・口利き疑惑」 「下村博文加計学園パーティー券問題」 「森友学園問題」 これ不起訴にし…

続きを読む

天の裁きを垣間見る-361

 武漢ウイルスは、やはり武漢の生物兵器研究所から洩れ、中国は封じ込めに失敗して拡散させたようである。  アメリカはその証拠を摑んでいるものの、国際法上禁止されている生物兵器のその研究所に資金を出して協力しており、共犯と言う立場にあって断固たる態度も取れない模様で、裏のない正義が行われるのは何時(いつ)のことだろう。  しかしながら、武漢ウイルスのお蔭で、見えなかったものが見えてきていることも…

続きを読む

世の人と狼男-355

 米中関係の悪化が経済問題だと思っていたら、2019年10月から銃火を使わぬ戦争であるのが明らかとなっている。直近では、米トランプ大統領はWHOは中国寄りだとして拠出金停止を指示した。  WHOテドロス事務局長は、会見する顔を見ても明らかに胡散臭いが、感想を言う前に関係者と、影響力の大きいロシアのプーチンも一緒に、非暴力を見てみる。 ウラジーミル・プーチン(世界皇帝):無意識レベルの非暴…

続きを読む

狼男・最後の審判-354

 シャンティ・フーラの時事ブログ2020/04/12 9:50 PM 『ネット上の世論操作の証拠と見られている、「コロナこわいけどぉ、安倍の声聞いたら元気出た」という謎の大量ツイートが出現 ~疑惑を持たれているクラウドソーシング大手「ランサーズ」』 <ネット上の世論操作の証拠と見られているのですが、外務省のHPには令和2年度補正予算として、「感染症を巡るネガティブな対日認識を払拭するため、外…

続きを読む

満月ごと狼男は下落する-352

 私が最初に狼男と言う言葉を使ったのは、『牙を剥く人-340』(2020年02月20日)で、満月の2020年2月9日に牙を剥き、翌10日に非暴力を下落させているからだった。こういう人は珍しくなく見つかる。  3月は10日が満月だが、狼男はこの日も牙を剥く。  『狼男がやって来た-351』(2020年04月05日)に登場するIなる読者を見てみる。 I・無意識レベルの非暴力  2020年…

続きを読む

狼男の自尽-350

 2020年3月29日、志村けんが新型コロナウイルスによる肺炎のため死亡した。  志村けんがドリフターズに入団する頃、私は下宿する高校生で、部屋にテレビなどあるはずもなく、視ることもなかったから、志村けんについて特段面白い印象も持っていない。と言うか、たまに帰省してテレビを視ても、ブラウン管の中の客、主に小学生が笑っているのを苦笑しているだけだった。  『東村山音頭』は覚えているが、ザ・ドリ…

続きを読む

狼男列挙-343

 例によって、YouTubeに下記の動画が唐突に現れる。  YouTube 2020/02/26 『【安積明子】東京新聞記者 望月衣塑子の欺瞞【WiLL増刊号 #141】』  『「新聞記者」という欺瞞』の著者安積明子の一方的な主張である。  冒頭、望月衣塑子記者を左派勢力の象徴であり、反権力、巨悪の菅官房長官に対峙する正義の新聞記者という構図に騙されてはいけないと言う。  望月…

続きを読む

牙を剥く人-340

 『オリーブの木 代表黒川あつひこ チャンネル』を視ていると、新型コロナウイルスについて、日本は滅亡すると言うような極端な情報を示して、強くない感染力、高くない致死率を印象づける情報操作をして、真実を隠蔽しているようである。  自民党やその別働隊である維新の会と同様に、国際金融資本家・グローバリストの手先に違いない。連中は、戦争をする2国の両方に資金提供するあくどい手法が専売特許で、諸事万端に…

続きを読む