前世も棋士-378

 2020年7月16日
<【NHK】将棋の藤井聡太七段が、八大タイトルの一つ「棋聖」を獲得し、タイトル獲得の最年少記録を30年ぶりに更新しました>

 YouTubeにも、棋聖戦や王位戦の各局を解説する映像が上がっており、それを何度も見る。
 現在の棋士は、棋力を上げるのにAIを活用し、AIの無かった以前から目まぐるしく進歩しているようである。その筆頭が藤井聡太棋聖で、先ずはその将棋の才能を見てみる。

藤井聡太・将棋の才能
 2002年7月19日(0歳)ー8(動物レベル)
 2013年3月11日(10歳)ー9
 2014年3月11日(11歳)ー-3(人間レベル)
 2016年3月11日(13歳)ー-2
 2018年3月11日(15歳)ー-1
 2019年3月11日(16歳)ー0

 2016年10月1日、藤井聡太は人間レベル-2の才能、14歳2ヶ月の史上最年少でプロ入りすると、そのまま29連勝の公式戦最多連勝記録を樹立。
 生まれながらに動物レベル8と言う高い才能から、前生(ぜんしょう)にも将棋をやっていることが窺われるが、今生(こんじょう)での上昇具合を比較するために、同じような天才羽生善治9段を見ておく。
 羽生善治9段は19歳で竜王を獲得し、25歳で全7冠を制覇する。2017年から叡王戦がタイトル戦に加わり、今では8大タイトルとなっているが、藤井棋聖には8冠制覇が期待されている。

羽生善治・将棋の才能
 1970年9月27日(0歳)ー9(動物レベル)
 1988年2月24日(17歳)ー-2(人間レベル)
 1998年2月24日(27歳)ー-1
 2006年2月24日(35歳)ー2
 2013年2月24日(42歳)ー5
 2017年2月24日(46歳)ー7

 1985年12月18日、羽生善治は15歳でプロ入り後、初上昇で人間レベル-2になる。
 人間レベルへ突入するのに、藤井棋聖は11歳、羽生9段は17歳だから藤井棋聖の方が早いだけでなく、各ランクへ上昇するのも羽生9段より藤井棋聖の方がスピーディーである。
 羽生9段は2021年2月24日に50歳にて人間レベル9になりそうだが、藤井棋聖は最短で26歳、30歳くらいで到達しそうな勢いである。
 さて、先ほど前世(ぜんせ)でも将棋を指していたと言ったが、実際に調べてみる。

藤井聡太・将棋の才能(前世)
 1773年3月11日ー1(動物レベル)
 1774年3月11日ー3
 1775年3月11日ー4
 1776年3月11日ー5
 1778年3月11日ー6
 1782年3月11日ー7
 1788年3月11日ー8

 年代を見ると江戸時代なので、江戸時代の棋士を調べると、
Wikipedia『江戸時代の棋士一覧』
 年代が合致する棋士が、大橋本家九代大橋宗桂と大橋分家六代大橋宗英の2人いる。2人のカードを作り、藤井聡太のカードと重ね合わすと、六代大橋宗英が同調する。
 藤井聡太の前世の才能を六代大橋宗英で調べても一致する。

六代大橋宗英・将棋の才能
 1756年ー1(動物レベル)
 1773年03月11日ー1
 1774年03月11日ー3
 1775年03月11日ー4
 1776年03月11日ー5
 1778年03月11日ー6
 1782年03月11日ー7
 1788年03月11日ー8
 1809年12月23日ー8

 故に、藤井聡太は前世では六代大橋宗英だったと言える。聡太と宗英、ソウの音が同じなのも意味深である。
 因みに、江戸時代の将棋家元三家(伊藤家、大橋本家、大橋分家)の名前は皆「宗」が使われているようである。

 羽生9段も生まれながらに動物レベル9と言う高い才能だから、当然前世で将棋を指していたことになる。

羽生善治・将棋の才能(前世)
 1560年2月24日ー2(動物レベル)
 1561年2月24日ー3
 1562年2月24日ー4
 1564年2月24日ー5
 1567年2月24日ー7
 1573年2月24日ー9

 こちらは戦国時代、奈良県興福寺で1058年の木簡と共に五角形をした将棋の駒が発見されているから、少なくとも平安時代のその頃には将棋は指されており、歴史を重ねて戦国時代には駒数も現在のものになっているようである。
 羽生9段は前世で、1560年桶狭間の戦いから1573年三方ヶ原の戦いまでの間に、才能を開花させている。
 今回、個人の特定には至らなかったが、徳川に仕えた人だけは摑んだ。今後の課題である。

アタックZERO 洗濯洗剤 詰め替え 超特大サイズ(1800g*2コセット)【atkzr】【アタックZERO】 - 爽快ドラッグ
アタックZERO 洗濯洗剤 詰め替え 超特大サイズ(1800g*2コセット)【atkzr】【アタックZERO】 - 爽快ドラッグ

"前世も棋士-378"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:[必須入力]
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]