総理・副総理殺さる-319

 2019年12月14日、読者から、安倍晋三と麻生太郎が亡命を企て、騙されてグアンタナモに連行され処刑された、と言う情報が寄せられ、取り急ぎ2人のカルマを調べると軽くなっており、殺されたことを確認した。

安倍晋三・無意識レベルのカルマ
 2019年11月26日ー0(鉱物レベル)
 2019年12月14日ー1
麻生太郎(替え玉)・無意識レベルのカルマ
 2019年08月30日ー7(動物レベル)
 2019年12月14日ー8

 14日にカルマが軽くなっているのだから、殺されたのは13日以前になり、2人のカルマを調べてゆくと12日となる。時間の方は本人の肉体が感じられなくなるのを絞ってゆくと、共に午前10時37分となった。

安倍晋三:2019年12月12日午前10時37分(日本時間)死亡。
麻生太郎(替え玉):2019年12月12日午前10時37分死亡。

 安倍晋三の亡命の噂は洩れ聞いていたが、「桜を見る会」の追求が始まり、その追及を躱(かわ)すことは困難だし、森友学園の国有地売却問題・加計学園の獣医学部新設問題にしても、正常な国なら問題なくアウトだし、本人は自分の犯した数多(あまた)の悪事によって、政権を退(しりぞ)いたら逮捕されると思っていたようだし、

 板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」
2019年12月11日 07時00分00秒
<トランプ大統領を騙して、北朝鮮と独自で国交回復させようとしているのがバレて、咎められた>

 こともあって、決行に及んだようである。日本の首相が亡命するなど未だ嘗て聞いたことがない。

また新たな呪者と呪者擬(もど)きと-305』(2019年10月08日)
<「雉も鳴かずば撃たれまい」
 舌禍の箴言にもなる諺に出てくる雉のように、悪が無闇に行動して墓穴を掘っている。今や悪は静かにしていられないようである>

 305段で既述したように、今や悪は静かにしている余裕がなく、無闇に行動して墓穴を掘っている。まさに安倍晋三が、そこにピタリと当て嵌まる。

奇跡、死んだ麻生が蘇る?ー299』(2019年09月06日)

 本物の麻生太郎が殺されたのが2019年8月25日午前10時35分、替え玉は8月30日に登場して3ヶ月半も満たないうちに、また殺された。替え玉を用意したのは、殺した側ではなかったのだろうか。わざわざ用意してすぐ殺すなど、全く理解不能である。
 小泉純一郎が殺されたのが2019年8月23日午前10時39分、どうもグアンタナモの処刑時間は午前10時30分台らしい。
 それにしても、一国の総理と副総理を簡単に殺せ、そうなっても騒ぎも起きない一国があるとは、夢か現(うつつ)か、頬を抓(つね)れば痛いから、現実に間違いないようである。
 そんなことをしていると、2019年12月17日麻生太郎がまた奇跡の蘇(よみがえ)りを見せてニュースに出ている。

麻生太郎・無意識レベルのカルマ
 2019年12月17日ー2(動物レベル)

 カルマを調べると6ランクの差が出ている。また別の替え玉らしい。

麻生太郎・五行類型論の体型
 2019年08月25日:6▽ー9▽型
 2019年08月30日:1△ー4△型
2019年12月17日:5△ー10△型

 五行類型論の体型を見ても、明らかに別人である。
 こう言う替え玉が5日で用意できるから、簡単に殺しもするのだろう。安倍の方も、もう用意できているはずであるが、こちらは替え玉のカルマが余りに軽くて、違和感が拭えないことだろう。
 愛知県日間賀島の方言で、非常に軽いことを「ヒン軽(かる)」と言う。例えば、荷物を担ぐ人に重くはないか、大丈夫かと尋ねたとき、「ヒン軽だ」と答える。
 安倍の替え玉のカルマを見れば、本物と比べてさぞ「ヒン軽」と感じることだろう。

 2019年12月20日、安倍の替え玉が閣議に登場する。

安倍晋三・無意識レベルのカルマ
 2019年12月20日ー4(動物レベル)

 カルマは「ヒン軽」になった。

安倍晋三・五行類型論の体型
 2019年12月12日:7△ー10△型
 2019年12月20日:8△ー4▽型

 別人である。
 総理と副総理が替え玉。夢ではない。日本の現実である。

料理用 ぱぱっと ミネラル 希望の命水 (元:希望の命水 10倍濃縮液) 100mL2本入 - スケールメリットクラブ
料理用 ぱぱっと ミネラル 希望の命水 (元:希望の命水 10倍濃縮液) 100mL2本入 - スケールメリットクラブ

"総理・副総理殺さる-319"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:[必須入力]
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]