健康ではいられない3選-266

『予測が立つ!!-256』2019/01/22 23:57
『禁欲の破戒と健康-259』2019/02/08 12:20

 256段でNGT48の曰くつきメンバーが分かり、プロデューサー秋元康は既に健康まで見ているものの、遅ればせながらそのメンバーの健康は259段で見た。どれも下落の一途を辿っており、悪を為せば健康は害されることを確認した。
 今段は運営管理会社AKSの社名の由来となった秋元康(A)以外の2人(KS)と、NGT48とAKB48それぞれの前劇場支配人の2人の健康を見てみる。

窪田康志(K)・健康4↓
 2013年2月19日ー3(人間レベル)
 2013年2月20日(推定42歳)ー1
 2019年2月20日(推定48歳)ー-1

芝幸太郎(S)・健康15↓
 1973年11月8日(0歳)ー3(神的レベル)
 2012年1月2日(38歳)ー7(人間レベル)
 2019年1月2日(45歳)ー1

今村悦郎・健康6↓
 1959年10月26日(0歳)ー4(人間レベル)
 2003年10月11日(43歳)ー2
 2011年10月11日(51歳)ー0
 2015年10月11日(55歳)ー-2

細井孝宏・健康7↓
 1971年06月07日(0歳)ー8(人間レベル)
 1998年10月22日(27歳)ー6
 2001年05月22日(29歳)ー4
 2011年05月22日(39歳)ー2
 2014年05月22日(42歳)ー1

予測が立つ!!-256』2019/01/22 23:57
「秋元康・健康
 1958年5月2日(0歳)ー3(人間レベル)
 1964年5月4日(6歳)ー2
 1974年5月4日(16歳)ー0
 1983年5月4日(25歳)ー-1
 1985年5月4日(27歳)ー-2
 1992年5月4日(34歳)ー-3
 2013年5月4日(55歳)ー-4

 4人とも既に病気である。秋元1人だけでなく、こうも揃って病気になると、関係先が悪を為す温床と考えざるを得ない。
 それにしても、芝の健康の下落が突出している。超絶な健康の持ち主でなかったら、既に死んでいてもおかしくない。
 さて、病気については、

外面の1つ健康について-260』2019/02/14 13:38
「弥生艶葉樹・健康(6↑1↓;付加)
 1957年03月29日(0歳)ー2(人間レベル)
 1977年02月21日(19歳)ー3
 1993年10月21日(36歳)ー4
 1994年10月21日(37歳)ー5
 1998年10月21日(41歳)ー6
 1999年10月21日(42歳)ー7
 2007年10月21日(50歳)ー8
 2008年10月21日(51歳)ー7
 28歳と48歳の2回病気で入院しているが、上の健康には表れていない。入院はしたが、健康には影響のない病気だったようである。51歳のとき1ランク下がっているが、こちらの原因は見当もつかない。敢えて言うなら、老化か」

 260段でも触れているが、弥生艶葉樹の2回の入院、40何日かと70何日かに及ぶ入院は、健康には影響がないと言うか、もっと厳密に言えば、より一層健康になるためのものだった。
 病気と言えば、健康を損なうネガティブなイメージを抱(いだ)きがちだが、

野口晴哉『風邪の効用』 ちくま文庫

 の説くように、治そうとせずに正しく経過することが大切で、それによって身体は健康に新生する。風邪によって身体を調節し、増強する。
 熱が出ても解熱剤など使わないで、充分発熱させる。生命活動の根幹を担う各種酵素が、最も活性化して威力を発揮するのは40℃のとき、と言う事実がある。そこまで体温が上げられるか、また異常に上がり過ぎはしないか、上がった体温に耐えられるか、上がった体温が適宜恒温に戻せるか、経験し調節・増強する機会をあたら消失していないか。
 弥生艶葉樹の健康の推移と2回の入院を照合したら、健康のためにする、健康に寄与する病気がある、と考えざるを得ないのである。
 だから、病気は悪を為したから、とは一概に言えない。病気に関係なく健康が下落していたら、そのときは悪を為したからと言えるかも知れない。
 となると、弥生艶葉樹の健康の下落は、悪を為したからではないとすれば、老化ではなく、病気によるものとするのが妥当だろう。
 その病気とは、2005年9月の入院の原因ではないものの、実は発症しており、12月1日の退院で一旦病院から足は遠のいたが、2011年9月に通院しだし、2012年6月の検査入院で遺伝子検査をして2013年1月に脊髄小脳変性症6型と病名を知らされる。
 2005年の入院中のかなりの間、私は歩くのにコロのついた点滴台を必要とした。身体の軸を喪失して不安定なのを、垂直方向を健気に指し示す点滴台の支柱に触れることで解消していたのである。

禁欲の破戒と健康-259』2019/02/08 12:20
「山口真帆・健康
 1995年9月17日(0歳)ー6(人間レベル)
 2014年8月10日(18歳)ー5
 2018年9月10日(22歳)ー4
 山口は心労から健康を害す質(たち)だろう。真面目に生活する(悪を為さない)自分を信じて、くよくよしないことを奨(すす)める」

 弥生艶葉樹と似てはいるが違っているのが山口真帆である。
 告発する前のことだが、山口もカルマは変わらないのに健康は下落している。悪を為したわけではないのに、あたかも悪を為したように健康が害される。もちろん病気でもない。
 では、なぜなのか。
 259段で書いたように心労が原因だろう。思い詰めたり、くよくよしたりして健康を損なう人は、殊の外多いのかも知れない。
 以上、健康ではいられないのは、悪行、病気、心労となる。
 病気は言わずもがなだが、健康のための病気があることを忘れてはならない。心労は、

『除霊と浄化の祈り』
「ネガティブなエネルギー・力・思考・印象・感情・気」

『7つのダートゥの祈り』
「邪気」

 祈りの中に何度も出てくる取り除くべきものを、取り入れる、或いは作り出す愚行である。悪行は、恐らくゴミのポイ捨てなどほとんど無意識になっているものや、飼い犬の糞を片づけないなど悪いと確信しながら犯すものが大半を占めるだろう。思いの外、報いは厳しいことを心得るべきである。

小さい 裁縫箱 京都みすや みすや針 雅揃い 裁縫セット お裁縫道具 糸切り鋏 ソーイングセット 大人 おしゃれ 携帯 かわいい
京都 洛?伝統となごみの和雑貨
京都みすや お裁縫箱「雅揃い」の 特徴 1.プロも認める京都みすや忠兵衛のお裁縫箱 桐箱の中に京都の



"健康ではいられない3選-266"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:[必須入力]
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]