事件をカルマから見る-223

 2018年5月24日、「紀州のドンファン」こと和歌山県田辺市の野崎幸助氏が死亡した事件は、未だ解決を見ない。
 殺人ならカルマを見れば一目瞭然である。

野崎幸助・カルマ
 2018年5月24日ー4ー4ー4ー4ー4ー4(動物レベル)
 2018年5月25日ー5ー5ー5ー5ー5ー5

 死んだ翌日、カルマが軽くなっているから、野崎氏は殺されたと分かる。犯人は、カルマが重くなっているから、それを見つければ良い。

歌い手その19ー131』2016/10/17 22:29
「大久保清・無意識レベルのカルマ1971年
 4月1日ー4(動物レベル)
 4月7日ー3
 4月18日ー2
 4月19日ー1
 4月28日ー0
 5月4日ーー1
 5月10日ーー2
 5月11日ーー3
宅間守・無意識レベルのカルマ2001年
 6月8日ー4(動物レベル)
 6月9日ーー4」

 131段で、同じく8名を別々の日と同日に殺した元死刑囚2名の、無意識レベルのカルマが重くなる違いを既に見ている。
 大久保清の方は、殺人の翌日の値しか記してないので注意を要する。3月31日には動物レベルの5だったわけである。
 宅間守の事件は負傷者は15名だったが、カルマに現れない負傷者7名分は、下記のように、非暴力の6種類の波動の4段階下落となって現れている。

宅間守・非暴力
 2001年6月8日ー0ー0ー0ー0ー0ー0(動物レベル)
 2001年6月9日ー-4ー-4ー-4ー-4ー-4ー-4

 さて、誰しも考えるように、野崎幸助氏が死んで最も得をするのは、遺産相続する妻だからまずは妻から見る。

妻・カルマ
 2018年5月24日ー7ー7ー7ー7ー7ー7(動物レベル)
 2018年5月25日ー7ー7ー7ー7ー7ー7

 妻にカルマの変動はなく、殺人には関与していないことが分かる。
 次に、野崎氏の死んだ日、現場の自宅にいた家政婦(竹田純代)を見る。

家政婦(竹田純代)・カルマ
 2018年5月24日ー1ー1ー1ー1ー1ー1(人間レベル)
 2018年5月25日ー0ー0ー0ー0ー0ー0

 カルマが1段階重くなっているから、野崎氏1人を殺した犯人はこの家政婦(竹田純代)である。
 竹田純代の野心を見ると、下記のように、3段階も跳ね上がっている。

竹田純代・野心
 2018年5月24日ー2ー2ー2ー2ー2(人間レベル)
 2018年5月25日ー5ー5ー5ー5ー5

 殺人の動機だが、やはり金だろう。

『デヴィ夫人が野崎幸助氏の遺書内容を暴露し、騒然!その遺書には家政婦に遺産を…【日刊paparazzi】』2018/06/04に公開
「会社の名義を彼女にしていたこともあった。遺書にそのお礼として4,000万円残していると言っていました」

 NEWSポストセブン
『紀州のドン・ファンしか触れない「金庫の中身」がカラだった』2018.06.24 16:00

 竹田純代の不盗を見ると、5月に2回の下落が見られ、24日の遺書の4,000万円目当てだけではなく、5日に現金でも盗んだのではと疑われる。それがバレそうになって殺したのかも知れない。

竹田純代・不盗
 2018年5月5日ー-3ー-3ー-3ー-3ー-3ー-3(人間レベル)
 2018年5月6日ー-4ー-4ー-4ー-4ー-4ー-4
 2018年5月25日ー8ー8ー8ー8ー8ー8(動物レベル)


 6月6日、和歌山県警は野崎氏の死因は「急性覚醒剤中毒」と発表。胃から覚醒剤が検出され、注射痕など無いことから、口から摂ったものと思われる。
 和歌山県・毒殺で思い起こすのは和歌山毒物カレー事件、その犯人で死刑囚の林眞須美のカルマを見てみる。

林眞須美・カルマ
 1998年7月25日ー2ー2ー2ー2ー2ー2(動物レベル)
 1998年7月26日ー-2ー-2ー-2ー-2ー-2ー-2

 和歌山毒物カレー事件では4名死亡したから、林眞須美のカルマも事件の翌日には4段階重くなっている。
 毒殺が対応する内面は、品格・野心・カルマ・徳目8/16(非暴力・正直・不盗・不貪・無我・清浄・離欲・全託)であり、林眞須美の非暴力も見てみる。

林眞須美・非暴力
 1998年7月25日ー7ー7ー7ー7ー7ー7(動物レベル)
 1998年7月26日ー-2ー-2ー-2ー-2ー-2ー-2

 非暴力の6種類の波動は、すべて9段階下落している。和歌山毒物カレー事件の負傷者は67名で、死亡した4名はカルマに現れているから、63名が非暴力に現れ、負傷者7名で1段階の下落になっている。
 負傷者7名で4段階下落した宅間守は、出刃包丁で直接負傷させているからであろう。林眞須美は、カレーを食べるか食べないかの選択を負傷者ができる余地があり、宅間守に比べ下落の割合は4分の1になるものの、負傷者が9倍もいて下落の幅は結果的に大きくなった。

"事件をカルマから見る-223"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:[必須入力]
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]