汚穢への頽廃その3ー139

 シャンティ・フーラの時事ブログ2013/09/08 10:48 PM
『天界の改革11 
悪しきホツマの神々の処刑、協力者たちのヴィジョン』
「2009年1月8日 午前9時30分、全軍出動。悪が滅びる。
1月11日 午前1時30分 皇族の消滅」

 2009年1月11日、天界の改革において、天照大神と豊受大神一統が処刑され、皇族が消滅した。
 天界で起こることは、また地上でも起こる。
 皇室の闇が暴露される。こういうことが起きること自体が、消滅へと向かう端緒となる。このブログでも『汚穢への頽廃』『汚穢への頽廃その2』で扱った。

 シャンティ・フーラの時事ブログ2016/12/05 10:30 PM
『[ザウルスでござる]ついに愛子様の影武者を立証! 客観的、科学的、数値的に証明! 日本人必見! 〜宮内庁に説明を 闇が多すぎる皇室〜』
「転載元) ザウルスでござる 16/12/5

 外国人の替え玉については、ネットでも随分前から話題になっているが、ここに来て日本の皇室に焦点が当てられた。
 『ザウルスでござる』では、中学入学時の愛子様と比べて、“目歯比率”に加え“耳の高さ”も違うとして、15歳を迎えられたとして公表された写真は替え玉であるとしている。
 そもそも愛子様には誕生にしてから重大な問題がある。

 シャンティ・フーラの時事ブログ2015/11/20 10:00 PM
『[竹下雅敏氏]橋本龍太郎が大室家に繋がることを示す情報 〜雅子妃が強い精神的ショックを受けた事実〜』

 愛子様は人工授精によって生まれたが、受精する卵子は雅子妃のものではなく、橋本龍太郎と愛新覚羅華齢の子の和子のものだった。これを聞かされた、子宮さえ使われなかった雅子妃は、自分の存在理由並びに結婚の意義を、一時完全に喪失してしまった。
 徳仁(なるひと)親王自身が天皇皇后の子ではなく、徳川恒孝と迪子(みちこ)の子であり、どうりで「徳」の字が使われているわけだが、今上天皇も昭和天皇の子ではなく三笠宮の子である。
 秋篠宮は美智子皇后と入江相政(すけまさ)侍従長の不倫の子である。こんなことをしてただでは済まぬと思うが、皇后にも替え玉説があり、1993年に失声したことなどを踏まえると、日本を支配する血筋の意に添わぬことを咎められた可能性もある。
 なお、日本を支配する血筋は、以下に載っている。

 シャンティ・フーラの時事ブログ2015/12/03 4:00 PM
『[竹下雅敏氏]大正天皇の子女の配偶者及び、昭和天皇の子女の配偶者の血筋 〜明治維新を首謀し、日本を支配する血筋〜』
「下に簡単な系図があります。ご覧になると、わずかな一族によって占められているのがわかると思います。伏見宮家、鷹司家、徳川家、松平家、島津家が目に留まります。
 これらの系図からわかることは、明治維新がこれらの家柄の者たちによる陰謀であったということです。この系図に出て来る家系の者たちが、日本を支配する血筋だと言えます。彼らと財界人との間に姻戚関係による強固なネットワークが築かれているはずです。(竹下雅敏)」

 血統を重んじる者の考え方は到底分からないが、こうして見てみると、個の存在など歯牙にも掛けずに、ただ全体として辻褄を合わせているだけで、本当に重んじているのか訝しいもののようである。血統さえ繋がれば、人倫に悖ろうが何をしても良いように映る。しだらない行いが横行するのも、血統という金科玉条があるからにほかならない。
 これに通じるものが選民思想であり、血族にスポットライトを当てて、光るところしか敢えて見ないで行動するが、血族に紛い物が成り代わっての好き勝手な行動は、周りから見れば、濫行(らんぎょう)にしか映らないものである。
 常習的に不節操なことをする血族を、誰が支持し、残そうと思うだろう。この世の不幸の大半は、これら血族の我が儘のし放題から来ていると言えるのだから、これら血族を一掃する案も、当然ながら考えられる。
「王侯将相安んぞ種あらんや」
 王や諸侯、将軍、宰相は、生まれたときから決まっているのではない、誰にでも成れる、と言ってのけた農民出身の陳勝は、史上初の中国統一を遂げた秦朝に対して反乱を起こしたが、討伐軍に討たれた。

陳勝・紀元前209年
 愛ー0ー0ー0ー0ー0(人間レベル)
 野心ー8ー8ー8ー8ー8(人間レベル)
始皇帝・紀元前210年
 愛ー3ー3ー3ー3ー3(人間レベル)
 野心ー2ー2ー2ー2ー2(人間レベル)
始皇帝・紀元前221年
 愛ー2ー2ー2ー1ー1(人間レベル)
 野心ー8ー8ー8ー8ー8(人間レベル)

 誰にでも成れる、だから己がなる、とは普通ならないのだが、陳勝の野心は人間レベルの8(完成)もあり、一歩を踏み出すのに充分過ぎるものだった。
 因みに始皇帝の愛と野心も調べてみたが、紀元前210年の野心だと、史上初めて中国を統一した割に低すぎるから、改めて紀元前221年で調べると、納得した。
 『愛と野心その4ー121』で日本の戦国時代に活躍した三英傑の愛と野心も調べているが、『真実の手がかりー133』で見たように、本物の家康は1615年5月7日に死んでいることが分かったので、1616年だと影武者のものかも知れないから、1614年で改めて調べてみる。

織田信長1582年
 愛ー7ー7ー7ー7ー7(動物レベル)
 野心ー9ー9ー9ー9ー9(人間レベル)
豊臣秀吉1598年
 愛ー1ー1ー1ー1ー1(人間レベル)
 野心ー7ー7ー7ー7ー7(人間レベル)
徳川家康1614年
 愛ー1ー1ー1ー1ー1(人間レベル)
 野心ー6ー6ー6ー6ー6(人間レベル)

 豊臣秀吉を太閤となった1591年、徳川家康を関ヶ原の戦いの1600年で調べてみる。

豊臣秀吉1591年
 愛ーー2ーー2ーー2ーー2ーー2(人間レベル)
 野心ー9ー9ー9ー9ー9(人間レベル)
徳川家康1600年
 愛ーー3ーー3ーー3ーー3ーー3(人間レベル)
 野心ー9ー9ー9ー9ー9(人間レベル)

 戦国の世の覇者として頂点に立つとき、三英傑の野心は共に人間レベルの9(超越)だった。そこから、信長以外の2人の愛は晩年に掛けて漸増し、野心は漸減しており、成長が窺える。信長も生きていたら、きっとそうなっていたことだろう。
 さて、次に直近の三代の天皇を見てみる。

明治天皇1867年
 愛ー1ー1ー1ー1ー1(人間レベル)
 野心ー9ー9ー9ー9ー9(人間レベル)
大正天皇1911年
 愛ー3ー3ー3ー3ー3(人間レベル)
 野心ー2ー2ー2ー2ー2(人間レベル)
昭和天皇1925年
 愛ー1ー1ー1ー1ー1(人間レベル)
 野心ー6ー6ー6ー6ー6(人間レベル)

 明治天皇や昭和天皇の愛と野心は、戦国時代に遡ったのかと勘違いしそうであり、大正天皇の愛と野心は、死ぬ間際の始皇帝と同じである。
 それでは江戸時代の天皇はどうだろう。天皇の後ろの年号は即位の年である。

後陽成天皇1586年
 愛ー3ー3ー3ー3ー3(人間レベル)
 野心ー2ー2ー2ー2ー2(人間レベル)
霊元天皇1663年
 愛ー3ー3ー3ー3ー3(人間レベル)
 野心ー2ー2ー2ー2ー2(人間レベル)
桜町天皇1735年
 愛ー4ー4ー4ー4ー4(人間レベル)
 野心ーー2ーー2ーー2ーー2ーー2(人間レベル)
孝明天皇1846年
 愛ー3ー3ー3ー3ー3(人間レベル)
 野心ー0ー0ー0ー0ー0(人間レベル)

 愛は、桜町天皇に豊かな4を見、他の天皇すべてにあと一歩の3を見るように、賞讃はできないものの許容できる範囲ではある。ところが、野心の方はすべての天皇が人間レベルである。これだけ野心が高いと、神輿に担がれやすくなる。ただでさえ利用する機会を絶えず狙われる立場にあるのだから、恬淡に超したことはない。また基本に戻れば、野心は愛の育みを阻むものであるから、できるだけ低い方が良い。
 野心の9(人間レベル)もある明治天皇は、日本を支配する血筋によって送り込まれた替え玉であり、野心の6(人間レベル)もある昭和天皇は、安易にブレーキの利かない陸軍の肩車に乗ってしまった。野心2(人間レベル)の大正天皇は、直接的な関与こそなかったが、貞明皇后の替え玉によって、胤の違う親王が量産された。昭和天皇もその1人である。
 皇室は、悪のスパイラルの渦中に嵌まり込み、錐揉み状態であり、存続したって悪くなるばかりで望みもない。時あたかも生前退位が話題になっているが、天皇廃位を含めた議論をした方が良さそうだ。
 「ゲスの極み・・・」とか言うグループのメンバーが不倫をして、以後やることなすことすべて「ゲスの極み」に集約される。これで70年代半ばに聞いたことを思い出す。ある自営業者が、会話の中で、自分の仕事を「乞食商売」と言い慣わしていたところ、仕事に失敗して本当の「乞食」になったという。
 日本は言霊の幸う国である。あたら言葉を疎かにしてはならない。冠に使う言葉によって本体に並々ならぬ影響が及ぶ。
 だから、象徴天皇なら良いとか軽く考えてはならない。象徴が腐っていれば、国が腐ってしまうからである。
 新時代に向けて、日本が心機一転するためには、やはり廃位が欠かせないものだろう。 

"汚穢への頽廃その3ー139"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:[必須入力]
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]