人間離れ-412

 2021年9月1日に「デジタル庁」が新設されるが、その担当大臣平井卓也の顔を見ると、異様な感じが否めない。すぐに察する三白眼の不気味さではなく、血の通った人間が感じられず、何か別種の生き物を見るようである。
 悪を為して人間ではなくなってゆく、その顕著な例が悪魔崇拝者であるが、人間の形をした別種の生き物を悪魔というのなら、まさに彼らは自らを悪魔にするために崇拝していると言える。

平井卓也
・無意識レベルのカルマ
 1958年01月25日(0歳)ー9(神的レベル)
 2008年10月12日(50歳)ー6
 2012年10月12日(54歳)ー3(動物レベル)
・肉体の滅びー2021年10月21日
ーナアマ崇拝
・意識の進化段階ー8.5

 32ランク下落している。
 できるだけ苦しめて殺すのが特徴のナアマ崇拝である。
 国民をデジタルで一括管理すると言いながら、「苦しめて苦しめて」を心中で絶えず唱えているのだろう。自由のない凄惨な管理社会が思いやられる。

歌舞伎役者-411』(2021年01月22日)

 中村芝翫が50歳から不倫をし出したように、平井卓也も2008年50歳から闇を崇拝し始める。
 2008年と言えば、福田康夫内閣が辞任し、9月24日麻生太郎内閣が発足する。宏池会系と言えども古賀派に属する中井は、同系の麻生派の内閣発足には、諸手を挙げて万歳とは行かない複雑な気持ちだろう。

 佐藤浩市の出演するCMで、彼を久し振りに見たが、整った顔が崩れ、声も張りがなく嗄れている。病気かも知れない。とにかく、老いの一言では片付けられない異様さを感じる。

佐藤浩市
・無意識レベルの非暴力
 2020年2月09日ー4(植物レベル)
 2020年2月10日ー3
・健康ー1(人間レベル)
・モナドの存在位置ー植物システム
・肉体の滅びー2021年9月22日
・無意識レベルのカルマ
 1960年12月10日(0歳)ー9(神的レベル)
 1999年06月12日(38歳)ー-2
 2008年06月12日(47歳)ー-2(人間レベル)
 2020年06月12日(59歳)ー4(植物レベル)
ー敦盛神崇拝
・容貌
 1960年12月10日(0歳)ー4(人間レベル)
 1999年06月12日(38歳)ー3
 2008年06月12日(47歳)ー2
 2020年06月12日(59歳)ー1
・意識の進化段階ー7.7

 カルマは44ランク下落している。
 佐藤は、異母の子供が2人いるが、2人目が生まれた1996年の後に、同性愛のホモが特徴の敦盛神崇拝に走ったことになる。経緯は分からないが年齢を考えても、両刀遣いの質(バイセクシャル)でなければ起こり得ないことである。

劣化する容貌-389』(2020年09月28日)

 容貌については、389段で悪魔崇拝者の下落を取り扱ったが、佐藤も例に洩(も)れない。
 人間離れしてゆく容貌の劣化は、まず悪魔崇拝を疑うが良い。

 2021年1月24日、YouTubeに天才ヴァイオリニストが相次いで登場する。先に2011年生まれの吉村妃鞠(ひまり)嬢が現れ、程なく2007年生まれの村田夏帆(なつほ)嬢が登場する。

『告別』 宮沢賢治
「泰西著明の楽人たちが
幼齢 弦や鍵器をとつて
すでに一家をなしたがやうに」

 幼い楽器の演奏家を見ると、宮沢賢治の詩句が思い浮かぶ。

「すべての才や力や材といふものは
ひとにとどまるものではない」

 多くの優秀な才能も、実際には、花開くことなく朽ちてゆく。

「すこしぐらゐの仕事ができて
そいつに腰をかけてるやうな
そんな多数をいちばんいやにおもふのだ」

 自分の才能を自覚し、それに満足することなく更に上を目指す。特に後半は多数が挫(くじ)ける問題である。何処かで諦めてしまう。この至難の業に立ち向かうには、弛(たゆ)まぬ浄化の一手に尽きるだろう。

村田夏帆
・ヴァイオリンの才能
 2007年5月24日(0歳)ー5(人間レベル)
 2012年1月11日(4歳)ー6
 2013年1月11日(5歳)ー7
 2014年1月11日(6歳)ー8
 2015年1月11日(7歳)ー9
 2016年1月11日(8歳)ー-3(神的レベル)
 2017年1月11日(9歳)ー-1
 2019年1月11日(11歳)ー1
 2020年1月11日(12歳)ー3
・無意識レベルのカルマー9(神的レベル)
・モナドの存在位置ーシリウスシステム
・意識の進化段階ー9.9

 孤高の魂谷村さんの読解力神的レベル5にも驚いたが、村田夏帆嬢のヴァイオリンの才能神的レベル3にも驚く。居るところには居るものである。

歌い手その55・才能の飛躍-395』(2020年10月29日)

 395段において、カルマが無い神的レベル9の人の才能が人間レベルへ飛躍する例を示した。
 夏帆嬢は、前世で才能が人間レベルへ飛躍した人であり、神的レベルへ引き上げるために今生に遣って来たと言える。
 意識の進化段階は9.9と、大臣や俳優より高い。
 2018年シェルクンチク(くるみ割り人形)国際音楽コンクールで第1位。
 翌2019年同じコンクールで第1位となったのが吉村妃鞠嬢。

吉村妃鞠
・ヴァイオリンの才能ー9(神的レベル)
・無意識レベルのカルマー9(神的レベル)
・モナドの存在位置ー愛の創造神第3システム
・意識の進化段階ー134
・モナドの存在次元ー136(国津神第3レベル)

 妃鞠嬢は、人間の生まれ変わりではなく、シャンティ・フーラ『天界の秩序1システム及びレベルと次元との対応』の表を参照すると、愛の創造神第3システムから降臨した国津神であると分かる。
 妃鞠嬢が出場したシェルクンチク国際音楽コンクールの3人の審査員の1人が英語で「言葉を失い、彼女の中にある創造性を天使か神がいるとさえ言う」とYouTubeのコメントにあったが、実際に国津神が居るのである。
 妃鞠嬢がシェルクンチク国際音楽コンクール1次予選で演奏した『ツィゴイネルワイゼン』を作曲したサラサーテだが、彼も見ると妃鞠嬢と同じく国津神である。

パブロ・デ・サラサーテ
:ヴァイオリンの才能ー9(神的レベル)
:無意識レベルのカルマー9(神的レベル)
:モナドの存在位置ー愛の創造神第3システム
:モナドの存在次元ー138(国津神第1レベル)

 サラサーテは華麗な名人芸で人々を幸福にさせたヴァイオリニストであったが、妃鞠嬢の今後の活動も同様なものになると思われる。妃鞠嬢の長頭気味の容貌からして、七福神の福禄寿をイメージさせずには措かないではないか。
 さて、シェルクンチク国際音楽コンクールの3人の審査員のうちの1人、これは前出の審査員とは別人だが、現在ケルン音楽院、チューリッヒ音楽院教授を務めているヴァイオリニスト、ザハール・ブロン氏は妃鞠嬢に教授もしている。

ザハール・ブロン
:ヴァイオリンの才能ー9(神的レベル)
:無意識レベルのカルマー9(神的レベル)
:モナドの存在位置ー愛の創造神第1システム
:意識の進化段階ー154
:モナドの存在次元ー155(天津神第4レベル)

 ザハール・ブロン氏は、有名なヴァイオリニストのほとんどを教えているが、愛の創造神第1システムから降臨した天津神だから納得する。
 私は、演奏される楽器の中ではヴァイオリンが一番好きだが、中でも一番好きなのはヴァイオリンを泣かせた演奏である。それを聴いて、ヴァイオリンが泣いていると思い、自分も泣くのである。
 メンデルスゾーン『ヴァイオリン協奏曲第1楽章』ソロリスト:ダヴィッド・オイストラフが嵌まる。

ダヴィッド・オイストラフ
:ヴァイオリンの才能ー9(神的レベル)
無意識レベルのカルマー9(神的レベル)
:モナドの存在位置ー愛の創造神第3システム
:意識の進化段階ー167
:モナドの存在次元ー168(天津神第1レベル)

 ダヴィッド・オイストラフ氏は、愛の創造神第3システムから降臨した天津神である。

 倒錯した性欲を満たし人間離れしてゆく悪魔崇拝者がいる一方で、一所懸命に修練して人間離れしてゆく人やアバターがいる。
 2021年悪魔崇拝者は総て滅びる。
 人間離れは進化の一要素となるだろう。

アバター 【期間限定】【Blu-ray】 [ サム・ワーシントン ] - 楽天ブックス
アバター 【期間限定】【Blu-ray】 [ サム・ワーシントン ] - 楽天ブックス

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス

この記事へのコメント

  • 瀧山 善一

    ジョン・F・ケネディが、2021年1月30日にご逝去、享年100歳。というニュースがQAnon情報で、流れているそうです。
    あれも、偽装だったのかい?
    2021年01月31日 18:34
  • 弥生艶葉樹

     ジョン・F・ケネディは1917年5月29日生まれで、2021年1月30日103歳で死亡しました。確認したら、そのようです。
    2021年01月31日 21:03
  • yuu2

    吉村妃鞠ちゃんのラ・カンパネラとても綺麗でした。ラ・カンパネラ、ピアノの辻井伸行さんとの共演、是非見てみたいと思いました。
    妃鞠ちゃんの写真をみましたが、ウツシキヒカリミさまと少し似てるなと感じました。
    2021年01月31日 21:10
  • 弥生艶葉樹

     審査員のザハール・ブロン氏と観客席の後ろの壁際に立って聴く母吉村恭子女史との2人のヴァイオリニストが、妃鞠嬢のラ・カンパネラに合わせて身体を躍らせるのを見ていると、思わず知らず童話『うかれバイオリン』を思い出します。
    2021年01月31日 22:19
  • 滝山 善一


    動物界以下の奴らが指揮した旧世界が、天帝たちによって粛清され消えていく。
    生かされる方々は、超越レベルの超人たちですか~。
    頑張りどころです。
    2021年02月01日 10:07
  • 弥生艶葉樹

     滅んでゆく超人もいます。
     大前提に道徳家があります。
     道徳家が恩寵の光を求め、受けて超人となる、まるで目を瞠(みは)るような奇跡が起こるのです。
    2021年02月01日 11:00