私の健康-371

転換点-87』(2016年02月07日)
 にも書いたが、私の病名は脊髄小脳変性症6型(SCA6)である。担当医から「スカ6」と聞いたとき、思わず「スカジャン」を思い浮かべる。
 常染色体優性遺伝性の病気で、第19染色体に3つの塩基のCAG鎖が20以上リピートされる人が、比較的高齢になって小脳失調症を発症する。
 私は2005年の48歳だった。親戚筋を辿(たど)ると母方の従兄弟がどうもそれらしく、大酒飲みでいつしか運動失調を呈し、そう高くもない階段から転落して死んでいる。
 CAG鎖が20以上連なっていても、大酒を飲んだりして刺激しなければ、その遺伝子のスイッチは入らない。
 私の症状は、第1にバランス感覚の軽度な喪失が挙げられる。初めは眼振があり、脇を見るときなど片目を瞑っていて、今でも視界の縁に視線を送ると複視(ふくし)が現れるが、乗り物酔いしたようにいつもふらふらしていた。身体の心棒が外れたような気がして足下が覚束ないが、コロつきの点滴台などに手を触れているだけで不安は解消する。幅が狭い通り道を通ろうとすると、身体が急に動かなくなる。
 書字障害、構音障害がある。キーボードの入力は大脳基底核の受け持ちだから、こうしてブログも書け、大いに助かっている。会話の遣り取りの最中に言葉が出にくく、その度に思考は中断されるので、コミュニケーションの障害になっている。
 竹下雅敏氏の推薦図書に野口晴哉『風邪の効用』がある。病気など罹(かか)りたくないと一般的には思うだろうが、必要があって病気に罹るときがあるとしたらどうだろう。
 私などは将(まさ)にそれで、SCA6の唯一認可された治療薬「セレジスト」が合わず、現行医療の薬物療法(アロパシー)の限界を感じ、西洋医学から東洋医学へ切り替えざるを得なく、『竹下雅敏東洋医学セミナー』を学ぶ切っ掛けとなる。
 私は、マントラ・テラピーに出会い、ずっと活用している。
 本日2020年7月1日、私の健康は驚くことに神的レベル超越(9)である。
 私の健康を、九死に一生を得る入院一月余り前から、この頃の記憶は夢と現(うつつ)が混ざり合って不確かなので確認のためにも、見てみる。

弥生艶葉樹・健康
 2005年8月11日(48歳)ー8(人間レベル)
 2005年8月12日ー3
 2005年8月13日ー1
 2005年8月14日ー0
 2005年8月15日ー-1
 2005年8月16日ー-3
 2005年8月21日ー-4
 2005年9月17日ー-2
 2005年9月19日ー0
 2005年9月20日ー2
 2005年9月25日ー4
 2005年9月26日ー8
 2008年4月14日(51歳)ー9
 2014年1月19日(56歳)ー3(神的レベル)
 2016年1月16日(58歳)ー5
 2018年1月15日(60歳)ー7
 2020年1月17日(62歳)ー9

 2005年8月12日はまだ健康であるが、この日辺りから絶食を始めたようである。
 2005年8月21日~9月16日、瀕死の状態に27日間いたことが分かる。この頃は、肉体をエネルギー源とするための硫黄臭が絶えず纏綿(てんめん)とし、苦痛を忘れさせる果てしのない夢を連綿(れんめん)と見続けている。
 どんな夢か、大方忘れて覚えていないが、1つは三途の川らしきものの川原の此岸(しがん)で玉石の上に私は横たわっているのを覚えている。辺りは暗闇である。川のせせらぎの緩く軽やかな音が聞こえ、深さは感じない。川幅は5mくらいに感じるときもあるし、10mくらいに感じるときもあるが、歩いて渡れそうな距離にある。窺い知れる川の流れの明暗に比して、彼岸(ひがん)は真っ暗闇で何も見えない。もしも食い物でも見えたら、起き上がって渡っていただろうに・・・。
 私が入院したのは2005年9月17日からで、その日以来2ランクごとの回復を見せ、9日後には健康になったつまり快復した翌日の10日後には4ランクアップしている。以後12月1日に退院するまで、と言うか更に健康が増進する2008年まで変化はない。
 私が『竹下雅敏東洋医学セミナー』を学び始めたのは2013年6月で、12月の末には一通り視聴を終え、2014年元日の光を受けている。そのためかどうか、健康が一気に7ランク上昇して神的レベルへ突入したのも2014年からで、その後2年毎に2ランクずつ上昇して、2020年には遂に超越に達する。
 健康が神的レベル、それも超越まで達したと言うのは、大変嬉しい。悪を為せば健康を損なうものだから、悪を為さない証明にもなる。
 肉体と精神と言えば、長らく精神の方が上位にくると思っていたが、全くの誤りだった。何となれば、肉体は全智だからである。
 気の感覚があれば、初めての食物だろうが、手にすれば食べて良いかどうかは分かる。白雪姫も、気の感覚があれば、毒林檎など口にしないで済んだであろう。
 精神は騙され易い。他人から騙されるだけでなく、自分自身を騙すことさえある。肉体が拒絶するものを、良いように理由をつけて受容する。肉体の拒絶を、判断をもっと信じなければならず、そのために肉体をもっと気に掛けなければならない。
 浄化は、まずしなければならない。除霊もいつ呪われるか知れないから欠かせない。
 口にする物の浄化も大切である。食事だけでなく、毎日3、4リッターくらい沸かしてお茶を入れたり、冷やしてそのまま飲んだり、米を炊いたりする水も重要である。私は、浄水器の水に「ぱぱっとミネラル」を加え、ガヤトリー・マントラで浄化した水を使っている。
 考えてみると、人間が辿る進化系の各システム鉱物・植物・動物は、各システムに於(お)いて鉱物から順にシステム名まで辿るとともに、人間が必要とする栄養の供給源でもあるではないか。
 肉体にトレーニングは欠かせない。

筋力トレーニング-7』(2014年10月15日)
<つい最近、スウェーデン・カロリンスカ研究所から、トレーニングによって鍛えられた筋肉には、精神疾患の原因物質を解毒する働きがあるとする研究結果が発表された。必須アミノ酸トリプトファンは体内で代謝される過程でキヌレニンに変化する。このキヌレニン、精神疾患を患っている人では体内量が著しく増加する。このキヌレニンを分解する酵素が、トレーニングによる骨格筋刺激で誘導されることを発見した。(シャンティ・フーラの時事ブログより)>

 筋肉が精神疾患患者に顕著なキヌレニンの分解酵素を作る働きがある。キヌレニンが分解してナイアシン(ニコチン酸・ニコチン酸アミド、ビタミンB3)が生合成される。ナイアシン投与で精神疾患が改善されるケースが見られるのも、納得がゆく。精神疾患のうちどのくらい代謝障害があるのか分かないが、かなりの割合になるかも知れない。
 思えば、私は中学3年15歳の正月に「ブルワーカー」を買い、51歳の頃壊れて1度買い換えたが、今までずうっと使い続けている。

直立二足歩行(ウォーキング)-59』(2015年09月24日)
<私自身、筋力トレーニングで本が読みやすくなると感じたことはなく、ウォーキングをしたかしないかで分かれた。進化に関わる役割まで持っているのだから、仇や疎かに考えてはならない>

 私がSCA6だからなのかも知れないが、ウォーキングしたときは、閊(つか)えたりせず文章がすらすら読める。毎日行う祈りの文句も同様である。逆にSCA6にならなかったら、気づかなかったことかも知れない。
 そして、これも言っておかなくてはならないが、SCA6は今まで通り筋トレができると言うことである。これも大いに助かっている。

【第3類医薬品】ビタミンC タケダ(300錠入)【KENPO_11】【ビタミンC「タケダ」】 - 楽天24
【第3類医薬品】ビタミンC タケダ(300錠入)【KENPO_11】【ビタミンC「タケダ」】 - 楽天24

料理用 ぱぱっと ミネラル 希望の命水 (元:希望の命水 10倍濃縮液) 100mL2本入 - スケールメリットクラブ
料理用 ぱぱっと ミネラル 希望の命水 (元:希望の命水 10倍濃縮液) 100mL2本入 - スケールメリットクラブ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い
ナイス

この記事へのコメント

  • yuu2

    弥生艶葉樹様
    健康が神的レベルの超越(9)について、これはこのエッセイの真実性を証明しているということですね。
    もし誤りがあるなら、結果的に健康を害することに陥る可能性が高いから。
    僕は、いま竹下先生の教育シリーズを見直しているのですが、品格、徳目、愛などの項目で神的レベルに入ること、イコールブラフマンを達成しパラマアートマ体を獲得していると確認しました。
    笑・・・。
    超重要なことを当時は聞き逃していたものです。
    弥生艶葉樹様のブログを読むにつけ、カルマのないこと、そして16徳目の重要性をこれでもかというほどに叩き込まれていますが(笑)、16徳目の完成により至高の愛を得、その人は二度と過ちを犯すことがなくなる。そしてその存在は永遠の命、つまり不死が与えられると確認しました。
    これが、真実の涅槃の境地だとも。
    笑いがとまらなくないですか?
    弥生艶葉樹様は、(そして僕らは)もうその扉を開いているのですから。
    神的レベルの超越をみてふとそんなことが思い浮かびました。
    2020年07月06日 23:13
  • 弥生艶葉樹

     Yuu2さん、お久し振り。お忙しいようですね。
     「霊的な科学」を学んでから、人の外面や内面を波動の数値で見るようになると、悪を為すリスクの大きいことが分かり、悪を為さなくなるのではないでしょうか。また、浄化の大切さも感じるようになるでしょう。検知をしつつ修行もして、一挙両得だと思います。
    2020年07月06日 23:46
  • yuu2

    弥生艶葉樹様
    すみません、一つ修正が・・・。
    ブラフマンを達成して神的レベルの波動というところ、今見ている講話で竹下先生自身が、ブラフマンを達成しなくとも、すべての数値を取り得ると修正されていました。御免なさい、早とちりでした。笑
    ただ、前の文章を書いた後、内側に意識を向けて確認したところ、ほぼ間違いないという感覚があり、このコメント欄に記載したことは間違いではないと感じています。もし訂正すべきと先生ご自身が感じれることがありましたら、申しわけありませんが、どうかよろしくお願いいたします。
    2020年07月07日 00:29