呪う勿(なか)れ-360

 2020年4月30日、YouTubeに転落死したタタ・モーターズ社長カール・スリム氏の動画が出てくるが、すぐに消える。
 時事ブログにも下記の記事があり、どこか記憶にあって古い話と思いながら視る。

 シャンティ・フーラの時事ブログ2014/02/03 9:00 PM
『[竹下雅敏氏]今や石油の時代は終わりつつあるのは明らかです。 〜空気で動く車〜』
<少し古いニュースですが、圧縮空気で走る車をタタ自動車が市場に送り出すということで、フルフォード氏の情報によると、石油利権勢力がタタ・モーターズの最高経営責任者を殺害したとのこと。確かに石油の要らない自動車、オオマサガスのように水を燃やして走る自動車が現れたら、彼らは破産してしまうので、こうした殺害や圧力を加え続けているのでしょう。しかし今や石油の時代は終わりつつあるのは明らかです。(竹下雅敏)>

 6年も前のことだが、今目の前に現れるのだから、それなりの意味があるのだろう。

 AFP BB NEWS 2014年1月28日 9:32 発信地:バンコク/タイ [ アジア・オセアニア タイ ]
『タタ・モーターズ社長、タイのホテルで転落死 自殺か』
<インド自動車大手タタ・モーターズ(Tata Motors)のカール・スリム(Karl Slym)社長(51)が、タイの首都バンコク(Bangkok)の高級ホテルの22階部分から転落死したことについて、地元警察は27日、遺書とみられるメモが見つかったと発表した>

 都合良く、遺書まで見つかっている。フルフォード氏の情報が正しいことを感じる。
 カール・スリム氏のカルマを見てみる。

カール・スリム:無意識レベルのカルマ
 2014年1月26日ー3(植物レベル)
 2014年1月27日ー4

 植物レベルの重いカルマだが、死後に1ランク軽くなっているから殺害されたのである。
 やはりフルフォード氏の殺害されたという情報は正しかった。
 しかし、石油利権勢力に限らず、甘い汁を吸う者は、それを脅かす者を攻撃せずには措かない。市場原理に則(のっと)り、切磋琢磨して競争する気など微塵もなく、ただ独占を狙い、それを妨げる者は、つまり競争相手は執拗に潰しに掛かる。
 こうした本来の自由な競争を否定する邪悪な行為は、資本主義の破綻を招くものであるが、皮肉なことに興隆する原動力でもあった。
 アメリカに電気技師でもある発明家ニコラ・テスラ(1856年7月10日ー1943年1月7日)が現れたとき、一時期(1901~1905年)その資金援助をしたのはモルガン財閥の創始者ジョン・P・モルガン(1837年4月17日ー1913年3月31日)である。
 2人の関係が悪化したのは、テスラが無線送電装置を用いた世界システムを構想したからで、送電線で利益を得、これからも得る予定のモルガンと意見の一致を見るわけがない。
 テスラの無線送電が安全かというと、5Gネットが武漢ウイルス感染症を重篤化させるように、高エネルギー電磁波の危険性は否定できない。宇宙発電して地上への送電にマイクロ波が使われる構想も出ているが、安全性には十二分の配慮が不可欠である。
 テスラの研究所は原因不明の火事に襲われる。後年、テスラもホテルで亡くなっている。

ニコラ・テスラ:無意識レベルのカルマ
 1856年7月10日(0歳)ー6(人間レベル)
 1900年4月20日(43歳)ー2
 1918年4月20日(61歳)ー1(動物レベル)
 1926年4月20日(69歳)ー5(植物レベル)
 1934年4月20日(77歳)ー1
 1943年1月08日(86歳)ー2

 「検死の結果死因は冠動脈血栓症」(Wikipedia『ニコラ・テスラ』)とあるが、死後カルマは1ランク軽くなっており、殺されたのである。

ジョン・P・モルガン:無意識レベルのカルマ
 1837年4月17日(0歳)ー-3(人間レベル)
 1874年1月12日(36歳)ー4(動物レベル)
 1886年1月12日(48歳)ー1
 1899年1月12日(61歳)ー6(植物レベル)
 1909年1月12日(71歳)ー0
1913年4月01日(75歳)ー1

ジョン・P・モルガンーキルケ崇拝

 キルケ崇拝者のモルガンは、ホテルで亡くなっている。死後カルマは1ランク軽くなっており、殺されたのである。
 テスラとモルガンは、共にカルマが人間レベルから植物レベルへと下落して見るからに似ており、またホテルで殺されたことも一緒である。浅からぬ因縁を感じる。

 大紀元/EPOCH TIMES 2020年04月29日 17時22分
『急逝したチェコ前議長 夫人「中国大使館の脅迫状に殺された」』
<チェコ第2位の権威ある政治家だったヤロスラフ・クベラ(Jaroslav Kubera)前上院議長は、1月に急逝した。クベラ氏の夫人は4月27日、チェコのTV局番組に出演し、夫は中国大使館の脅迫を受け強いストレスを感じ、大使館招待の夕食会以後、体調を崩したと告白した>

ヤロスラフ・クベラ:無意識レベルのカルマ
 2020年01月20日ー1(神的レベル)
 2020年01月21日ー2

ヤロスラフ・クベラ:無意識レベルの非暴力
 2020年02月09日ー3(神的レベル)
 2020年02月10日ー3

 チェコのクベラ前上院議長は、死後カルマが1ランク軽くなっているから、殺されたのである。非暴力を見ても狼男ではない。波動も神的レベルと高い。

張建敏・無意識レベルのカルマ
 2020年1月20日ー-3(動物レベル)
 2020年1月21日ー8(植物レベル)

張建敏・無意識レベルの非暴力
 2020年2月09日ー7(植物レベル)
 2020年2月10日ー6

 一方の張建敏駐チェコ中国大使は、殺害を指令したためにカルマが2ランク重くなっており、非暴力を見ると狼男である。波動は植物レベルと低い。
 2人のカルマを見比べるだけで、善悪の判断は容易にできるのは結構なのだが、この善悪の2人、昔から変わることなく、殺人の加害者は悪人で被害者は善人と決まっている。世に生き残るのは必ず悪人なのである。社会生活を営む人間にとって、悪人ばかりが生き残るのは不都合この上ないし、実際人間を裁いたら1,000人中999人が悪人だった。人間が進歩する上で、これでは支障が有り過ぎるから、加害者を減らすように狼男の駆逐が為されつつある。
 相手を損なってでも自分は生き残るとか、競争に勝つとか言う悪を為せば、これからは生きる望みはない。相手の不幸を願う、呪うことも同様に存在を許されない。
 現代の人が、いかに無意識のうちに人を呪っているか、弥生艶葉樹もカルマを見るようになって初めて知ることとなる。丁寧に初めましてと挨拶して、呪いの文章を書いてくる。これは一目瞭然なのだが、書いた本人に呪いの意識がなく、下手をすると格好の良い文章の一形式と思い込んでいる節さえある。次に、遣り取りしていて、少しでも反駁すると呪ってくる。依頼に応え、意見を率直に伝えると呪ってくる。悪意ある情報操作をすることも呪いである。すべて無意識に呪っている。
 呪うことは悪である、禁忌(タブー)である。彼我諸共に滅することである。このことは徹底して意識しなければならない。

令和元年産 富山県産コシヒカリ 10kg(5kg×2)ギフト 御祝 お中元 お歳暮 お米 米 - ヤマトライス
令和元年産 富山県産コシヒカリ 10kg(5kg×2)ギフト 御祝 お中元 お歳暮 お米 米 - ヤマトライス

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

この記事へのコメント

  • オラ

    オラです。
    わたしの昨日の文章は、呪っていますでしょうか?
    唐突ですみません。教えていただけたらありがたいです。
    2020年05月08日 15:11
  • 弥生艶葉樹

     オラさん、そう心配することはありません。
     言われるまでもなく、呪われれば“嫌な感じ”がするので、私は調べるでしょう。あなたのコメントに“嫌な感じ”はありませんでした。が、確認しておきます。
    オラ・無意識レベルのカルマ
     2020年5月7日ー9(動物レベル)
     2020年5月8日ー9
     あなたのカルマに変化は見られませんから、呪ってはいません。
     1つ注文するなら、カルマをもっと軽くしましょう。
    2020年05月08日 17:31
  • まさゆき

    やぶつばきさん、おはようございます。

     ニコラ・テスラがカルマ積みだったとは驚きです。カルマを積んでまで、後世に残さなければならなかった技術だったと思いたいものです。たしかテスラが考えていた無線送電システムは地球のシューマン共鳴を利用したものだったと思います。なので周波数は極端に低いものです。一次で7.83Hzとかですので。
     妄想ですが、地球から電気を取り出すことを考えていたのでは?と考えています。その方が楽しいですよね。まさにフリーエネルギー。私は宇宙は電気で溢れている理論が好きです。
    2020年05月09日 05:08
  • 弥生艶葉樹

     まさゆきさん、おはよう。
     テスラの「世界システム」では、電源は地球の磁気だそうで、無尽蔵の電力網を考えていたようです。
     地球の磁気もいつかは無くなるものですから、無尽蔵ではないですが、
    「太陽光発電もコスト面で火力発電の2倍掛かるし、風力発電も全部を頼ったら戸外に吹く風がなくなり洗濯物が乾かなくなる」
     と武田邦彦先生が言っていますから、それに比べたら、テスラの地球磁気発電は1番有力なのかも知れませんね。
    2020年05月09日 09:00
  • オラ

    オラです。
    カルマまでご検知いただき、ありがとうございます。軽減の祈りは、失敗が怖くて避けてきました。ガヤトリーマントラだけでなんとかならないかなと思ってました。動物レベルの9‥‥、今いろいろと思索にふけっております。とても知りたいことを教えてもらえて嬉しいです。
    2020年05月09日 10:33
  • 弥生艶葉樹

     オラさん、何を考えているのでしょう。
     あなたはもしかして、カルマを軽くするためには殺されるのを待つ人なのでしょうか。
     カルマ軽減の祈りは人類の至宝だと思います。
     その至宝を前にして、あなたは眺めるだけですか。
     ぜひ活用して下さい。
    2020年05月09日 11:26