医者から学ぶ-318

 シャンティ・フーラの時事ブログ2015/09/07 11:07 AM
『[中村哲氏]こんなバカな政権はない。憲法に従う義務はあるが、政権に従う義務はない』

 シャンティ・フーラの時事ブログ2019/12/04 9:20 PM
『「ペシャワール会」の中村哲氏が、アフガニスタンで銃撃され死亡 ~第1システム国津神第五レベルの三十二神(みそふ神)の一柱「る」の神として選出された中村哲氏』

 中村哲氏は、どういうわけか、時事ブログに取り上げられる以前から、YouTubeで視て知っていた。アフガニスタンで、危険な戦地と飲み水さえ事欠く環境下で、砂漠を作物の実る土地に変える取り組みに、それこそ命懸けの医師と言う認識である。
 まずは中村哲氏のカルマを見てみる。

中村哲・無意識レベルのカルマ
 1946年09月15日(0歳)ー9(神的レベル)
 2019年12月04日(73歳)ー9

 神に選出されたと言われて、やはりそうかと言う印象である。
 これによく似たカルマを既に見ている。

滅びないのは・・・-278』(2019年05月16日)
<本田宗一郎・無意識レベルのカルマ
 1906年11月17日(0歳)ー9(神的レベル)
 1991年08月05日(84歳)ー9

 これほど軽く不変のカルマはアバター(神の化身)以外考えられず、私がそう決めつけた本田宗一郎氏である。
 もう一人いる。

信じる、信じない、-248』(2018年12月16日)
<近藤誠・カルマ
 1948年10月24日ー9ー9ー9ー9ー9ー9(人間レベル)
 2018年12月16日ー9ー9ー9ー9ー9ー9(人間レベル)
 誕生以来カルマは無い。一切悪をなさない絶対の証明である。
 私はこの人なら信じる>

 248段を書いて1年近くになるが、あの頃はまだ神的レベルまでカルマを見ることがなかった。改めて近藤誠氏のカルマを見てみる。

近藤誠・無意識レベルのカルマ
 1948年10月24日(0歳)ー9(神的レベル)
 2019年12月08日(71歳)ー9

 近藤誠氏もアバターと見て良いだろう。
 そんな氏の新著『医者の大罪』を読んだ。医者でもある氏が、質(たち)の悪い医者の悪事を暴露している。
 医者に限らないことだが、質の悪い者の特徴の1つに、不当な対価を求めることが挙げられる。
 例えば、ある避暑地の別荘から老夫婦が、近くのレストランに食事にやって来る。が、ウェイターの粗相で、娘から貰った日本では買えないイタリア土産だと言う、妻のTシャツに赤ワインが飛んでしまう。
「赤ワインはシミになって取れない」
 その妻が頻りに言うので、店長も同意したら、妻は呆れて夫は
「誠意がない」
 と繰り返す。レストランは食事代を10%割引し、クリーニング代として3,000円を手渡す。老夫婦は一旦帰るが、引き返して、
「もう来ないから」
 と前置きして20,000円を請求し、手にして去ってゆく。
「二度と来るな」
 店長は唇を噛み締めながら、心の中で叫んでいた。
 質の悪さが暴露している。換言すれば「タカリ」の本性が丸見えである。何をして別荘を手に入れたか、容易に想像がつくから空恐ろしい。
 竹下雅敏氏が『幸せを開く7つの扉(3) 著名人の波動』などで
「富豪とか金持ちに幸せな人はほとんどいない」
 と断言しておられるように、質の悪さで富とか金を手中に収めている連中が殊の外多い。

 近藤誠氏は『医者の大罪』の中で、2人の実名を挙げている。
 その2人のカルマを見てみる。

日野原重明・無意識レベルのカルマ
 1911年10月4日(0歳)ー9(神的レベル)
 1982年3月25日(70歳)ー4
 1992年3月25日(80歳)ー-3
 2012年3月25日(100歳)ー1(動物レベル)

 34ランクの下落。
「心の欲するところに従えども矩を踰えず」
 従心(70歳)から矩を踰えてカルマを積み出すとは、何とも皮肉なことである。

『医者の大罪』
127頁<日野原氏は「習慣病」のことを、こう語っています。
「だれのせいでもなく、自分が長年の悪い習慣のためにつくってしまった病気」と。つまり「病気は自己責任」とするのですが、そうでしょうか>
197頁<人間ドックも、日本の特殊事業です。健康状態が改善するというようなデータもないのに、1954年に複数の病院で始められたのです。始祖のひとりが125頁で述べた、「習慣病」の名づけ親である、聖路加国際病院の日野原重明氏です。医師の初任給(月給)の4倍もの料金をとったと言いますから、金もうけが目的だったことは間違いない>

 それまで「成人病」と言われていたのを「習慣病」と言い換え、差別して自己責任にする。
 金融庁金融審議会の市場ワーキンググループ報告書でも、夫婦の老後資金に「30年間で約2000万円が必要」とする試算が見られ、年金だけでは生活できないことをいみじくも暴露している。国の年金制度は破綻しているから国民は自己責任で老後を送らなければならない、と国の機関が公言しているのである。
 患者でも国民でも、支配しようとする側は己に責任があるとは考えないし、有ったとしても逃れようとして、己を相手に転換して自己責任として、それを免罪符にするものらしい。だが、それはまた、責任を持つ自己さえいれば、支配する側が不要なことを語っており、気づかずに自己否定していることになる。
 「名医」の化けの皮を剥がしたら、巧みに偽装する我利我利亡者だった。地獄にあんなのがいる、とすぐ見えてくる。地獄がなくなると共に、あんなのも消えてなくなった。

本庶佑・無意識レベルのカルマ
 1942年1月27日(0歳)ー9(人間レベル)
 1974年6月22日(32歳)ー4
 1985年6月22日(43歳)ー-2
 1996年6月22日(54歳)ー0(動物レベル)
 2007年6月22日(65歳)ー8(植物レベル)
 2018年6月22日(76歳)ー2

 33ランクの下落。

14頁<オプジーボは「無効」で「有害」なクスリです。・・・
 毒性が強く、延命効果があるかどうか怪しい、と評判の悪い抗がん剤より成績が落ちるのでは・・・。
 それなのにオプジーボは、肺がんの治療薬として承認され、厚労省によって決められた薬価は当初、1年間で3500万円!そして開発者はノーベル賞!
 どうしてオプジーボが承認されたのでしょうか。
 図2のとは別の比較試験で、良好な結果が得られた、というのが理由です。しかし、そういう比較試験には、研究者や製薬会社による「手抜き」ないし「インチキ」があります>

「不当な対価の大家」
 2018年のノーベル医学生理学賞受賞者、本庶佑にピッタリの代名詞である。
 今生で最高の栄誉を受賞して、ハルマゲドンを起こす役目だったバラク・オバマがノーベル平和賞を受賞していると言う皮肉を込めてだが、虚飾なりに見栄を飾って最後の人間生活を送っているのだから、それなりに自己満足する人生なのだろう。
 だが、気の毒なのは、無効で有害なオプジーボを使う肺がん患者で、わざわざ金を使って死期を早めているようなものである。それでも、地獄の苦しみを味わい、亡者のようになって死んでゆく抗がん剤より増しなのか。何とレベルの低い優劣なのだろう。これが日本医療の現実とは、情けなくて涙が出てくる。

『小林秀雄講演第一巻 文学の雑感』
「病気を治して食っているのではなく、医者は健康診断で食っている」

 小林秀雄が見抜いたときから、医者は一段と劣悪になっている。
 聴診器を当てて、ポンポンしているうちはまだ良かった。レントゲン撮影など放射線を使うようになり、診断によって発病するようにさえなった。
 また診断する際の基準値は、患者の健康ではなく、医者がどれほど儲かるのかを規準に設定される。

転換点-87』(2016年02月07日)
<2000年、血圧の基準値が160/95から140/90に変更された。これで降圧剤の売り上げが3倍に上がって1兆円台になったという。
 この年、人工透析患者は10万人だったものが、現在は40万人に増加している。これは降圧剤と利尿剤併用のせいだと安保徹氏は『安保徹講演(2013.06.09星陵会館)』で言う>

『医者の大罪』
第3章:基準値ビジネスの大罪
<風潮が変わったのは、「世界保健機関WHO」が1978年に「基準値」を定めてからです。
 各人の年齢とは関係なく一律に、上の血圧が160以上、もしくは、下の血圧が95以上を高血圧としました。・・・
 1999年に、WHOは「140/90」という新しい基準値を決定・発表したのです>

 159段で『人の愛や幸福を許せない者たち-159』(2017年03月11日)見たように、降圧剤と利尿剤併用の過誤を訴えていた安保徹氏は、質の悪い利権者に殺された。人の命より金儲けの方が大事な人でなしは、文字通り今生が人として最後であり、人ではなくなる。
 今回、医者4人のカルマを見たけれども、カルマを積まない2人の医者は珍しく、ほとんどの医者が、カルマを積む2人の医者と同じであり、人ではなくなる。
 医者を目指すのは、人を救いたいからではなかったか。崇高な初心を忘れて金儲けに走れば、カルマ積みになるのは必定で、人ではなくなる。
 人として生まれて来ても、99.9%はカルマを積んで、後生人ではなくなる。瞻部州は最下層だから、上位界から転落してくる魂もあって、人の魂が無くなる心配はないけれど、古より人は瞻部州からの脱却、つまり解脱を目指していたのではなかったか。いつの間にか上下の行き先が逆転して、転落に変わってしまった。
 金儲けなどに目を向けることなく、自身の波動を上昇させることに主眼を置く。基本は浄化である。そして悪を為さないこと、つまりヤマ・ニヤマを守ることである。

【ポイント5倍】【あす楽】加湿器 おしゃれ 卓上 加熱式加湿器 120D SHM-120R1 加湿器 卓上 オフィス アロマ 小型 コンパクト 乾燥 ウィルス 風邪 潤い 喉 のど 加湿 アイリスオーヤマ アイリス 加湿器[冬物家電][irispoint] - 便利生活 マイルーム
【ポイント5倍】【あす楽】加湿器 おしゃれ 卓上 加熱式加湿器 120D SHM-120R1 加湿器 卓上 オフィス アロマ 小型 コンパクト 乾燥 ウィルス 風邪 潤い 喉 のど 加湿 アイリスオーヤマ アイリス 加湿器[冬物家電][irispoint] - 便利生活 マイルーム

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

この記事へのコメント