また新たな呪者と呪者擬(もど)きと-305

「雉も鳴かずば撃たれまい」
 舌禍の箴言にもなる諺に出てくる雉のように、悪が無闇に行動して墓穴を掘っている。今や悪は静かにしていられないようである。

変わった潮目-174』 2017年06月29日
<2017年1月12日正午から5年間、セントラル・サンからの光が降り注ぐ。いたたまれない悪人が、わけもなく動いて墓穴を掘る。
 悪人の常套手段である、闇に紛れて犯行を行うことが、ただもう困難になってきている>

カルマ積み・呪者二様-277』 2019年05月11日
<先程の174段にも出てくるが、・・・。
 上記セントラル・サンは銀河系のセントラル・サンだが、宇宙のセントラル・サンからの光も2019年2月10日午前0時(日本時間)から降り注いでいる>

 有り難い祝福の光も、悪にとっては裁きの光となり、苦しくてじっとしていられず、用もないのに動き回る。
「ドロボウ」
 と人混みで叫べば、一目散に逃げる泥棒以外は動きを止める。現在悪は四六時中叫び声の起こりそうな中にいて、ビクビク、キョロキョロしている。一目瞭然の挙動不審だが、ちょっとしたきっかけで、猛然と悪行をしでかす。
 9月に入って情報操作の虞を抱き、10月に入って情報操作されたとしかあり得ない状況が起こり、犯人を検知すると男性が浮かび上がってきた。
 この男性を仮にR.Nとしてカルマを見てみる。

男性R.N・無意識レベルのカルマ
 2019年9月20日ー9(神的レベル)
 2019年9月21日ー8
 2019年9月22日ー6
 2019年9月23日ー4
 2019年9月24日ー2
 2019年9月25日ー0
 2019年9月26日ー6(人間レベル)
 2019年9月27日ー4
 2019年9月28日ー2
 2019年9月29日ー0
 2019年9月30日ー8(動物レベル)
 2019年10月1日ー6
 2019年10月2日ー4
 2019年10月3日ー2
 2019年10月4日ー0
 2019年10月5日ー-2
 2019年10月6日ー9(植物レベル)
 2019年10月7日ー7
 2019年10月8日ー5
 2019年10月9日ー3
 2019年10月10日ー1
 2019年10月14日ー-2
 2019年10月15日ー9(鉱物レベル)
 2019年10月16日ー7
 2019年10月17日ー5
 2019年10月18日ー3
 2019年10月19日ー1
 2019年10月20日ー-1
 2019年10月21日ー-3
 2019年10月22日ー8(第3エレメンタルレベル)
 2019年10月23日ー6
 2019年10月24日ー4
 2019年10月25日ー2
 2019年10月26日ー0
 2019年10月27日ー-2
 2019年10月28日ー6(第2エレメンタルレベル)
 2019年10月29日ー4
 2019年10月30日ー2
 2019年11月01日ー0
 2019年11月02日ー-2
 2019年11月03日ー9(第1エレメンタルレベル)
 2019年11月04日ー6
 2019年11月05日ー4
 2019年11月06日ー2
 2019年11月08日ー0
 2019年11月09日ー-2
 2019年11月10日ー-4

 情報操作は、ガヤトリー・マントラに守られている私を呪うのと同じように、2ランクずつ下落している。ただ、情報操作は連日行われるから、短期日に嵩む。
 R.Nは、2019年9月20日までカルマは無かったのに、16日後の2019年10月6日には植物レベルまで下落し、翌日にはカルマ積みの標本安倍晋三の41ランクの下落に並び、翌々日には抜いて、10月15日には鉱物レベルまで下落し、10月22日には第3エレメンタルレベルまで下落、10月28日には第2エレメンタルレベルまで下落、11月3日には第1エレメンタルレベルまで下落、すべてのレベルを滑り抜けて合計104ランク下落して、カルマ積みの標本となっている。
 安倍晋三が今までの人生65年間に積んだカルマを、R.Nはほんの1ヶ月余りの間に倍以上上乗せして積んでいる。その重い波動は、R.N自らを苦しめるばかりか、R.Nに近づく人に、奈落の底へと引き摺り込まれるような危機感を生じせしめ忌避させずには措かない。
 インターネットが普及して、情報は個人から手軽に発信できるようになったが、そのために、意図するかしないかに拘わらず、簡単に人を呪えるようになった。
 それでなくても、人類の99.9%のモナドが転落或いは消滅しているように、人類は悪を為してきたのに、もっと程度が酷くなるのではないかと危ぶまれる。
 どんな切っ掛けで悪を為すか分からないし、意識せずに悪を為すかも知れないから、悪を為さないためには、竹下雅敏氏の言うように、ヤマ・ニヤマを守り、浄化に心掛けることが大切である。

 シャンティ・フーラの時事ブログ2019/10/03 10:10 PM
『再編された「300人委員会」は、悪魔崇拝者たちを排除し、ドラゴンファミリーを新たにメンバーに加えた ~こうした大改革を主導した、ジェイコブ・ロスチャイルド』
<エリ(QmapJapan) @ okabaeri9111
⑤2020年 トランプが大統領再選、アメリカの悪が滅びる
⑥2021年 世界の悪が滅びる>
<虹乃瞳 @nijinohitomi
ミサキタカクノボルヒメミコ様の光が「光は今後5年間、2022年1月12日正午まで」限定となっています>

 2011年に始まる地上の改革も、2017年から大体天の思惑通り進んでいるようである。
 世界に蔓延(はびこ)った悪が滅びるまで、長くても27ヶ月となった。賢明な者なら、いや考える頭さえあれば、迷うことなく悪から寝返るはずである。

「探さなくても、向こうからやって来る」
 このブログの題材となるものは、YouTubeに現れたり、呪者のようにこのブログにコメントしてきたり、取り上げて下さいとばかりやって来る。
 今回の呪者は姿を現さないものの、屁のように臭いがする。丁度それに気づく頃、1人の人物Yのコメントが入ってくる。
 自己紹介もなくカルマを見てくれとのことで、随分不躾な人だとは思ったが、身体が非常に苦しいとのことだったので、見ると人間レベル1あり、カルマのせいではないから健康も見ると、人間レベル5もあり至って健康だった。身体が苦しいのは思い込みだと思い、ネガティブな感情は持たないように忠告する。
 すると今度は、喜び勇んで日付を指定してカルマを尋ねてくる。非常に苦しい身体はどこへ行ったのか。そもそも、私はシリやコルタナではないぞ。シリやコルタナにカルマは調べられないけれど・・・。
 まあ、カルマ軽減の祈りを6回もしたと言うので、調べることは調べ知らせた。
 この後から、わけの分からない質問が来たり、自分は人を呪ったと言ったりしてくる。人を呪えばカルマは重くなるのに、Yのカルマは重くなっていないから、嘘と厳しく言っても、妄想と辛辣に言っても、暖簾に腕押しでYは堪(こた)えないで、まだ人を呪ったと言うのである。

「なんで話が通じない」-213』 2018年04月25日

 213段を思い出し、Yの読解力を調べると、動物レベル-1である。

『歴史は繰り返す?-298』 2019年09月01日
<国立情報学研究所の新井紀子教授の言うように、教科書が読めない子どもたちが80%(実施されたリーディングスキルテストは四択問題で、任意の解答でも25%は当たる確率であるのに、実際は20%しか正解が無かった)もいては、このブログに訪れる人の急激な増加は期待薄だから>

 私は教科書が読めない子どもたちは、当ブログには訪れないものと思っていたが、Yは教科書が読めない子どもたちの1人だったのである。
「人を呪えばカルマは重くなる。Yのカルマは重くなっていない」
 2つの条件から
「Yは人を呪っていない」
 と言う結論が導き出せないのである。
 代わりにYの頭の中では、人を呪ったことがひたすら強化されて既成概念となる。
 まるで加害妄想ではないか。
 だが、これでは私の主張する、
「カルマが動物レベル0以下になると、精神障害を発症する虞がある」
 に当て嵌まらないから精神障害ではない。
 読解力の無いせいで、嘘を吐いたり、妄想を抱いたりする。新たな視点を持たなければならない。

生体ミネラル 希望の命水 2L - スケールメリットクラブ
生体ミネラル 希望の命水 2L - スケールメリットクラブ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント