歌い手その41・鞘師里保-231

 Wikipedia『鞘師里保』より
「2015年12月31日、中野サンプラザで行われたハロー!プロジェクトのコンサートをもってモーニング娘。を卒業・・・」

 卒業をふた月余りに控えた鞘師里保について、

歌い手その13』2015/11/09 22:45
「最近は、鞘師里保の歌声に迫力が出てきて、・・・」

 と感想を述べているが、このとき頭の中では、ダイアン・リーヴスの迫力を思い浮かべていた。

歌い手その15』2016/01/04 23:32
「マウントフジ・ジャズ・フェスティバルの1987年に女性シンガーとして登場したダイアン・リーヴス、テレビ放送だったが、全身から迸り出る歌声に圧倒された。その重厚さは日本の女性歌手には感じたことのないものであり、巨大な塊に押し潰されるような恐怖さえ感じさせ、たじろがざるを得ないものがあった」

 私は学生時代に柔道や少林寺拳法など格闘技をやっていたから、戦いに臨むとき、無意識に睾丸が緊縮して態勢を整えるが、ダイアン・リーヴスの歌を初めて聞いたときにも、同じ臨戦態勢が取られ、それに気づいて驚いたことを覚えている。もっと正確に言えば、睾丸が緊縮することを、このときハッキリ意識したのである。
 ダイアン・リーヴスの歌の才能を見てみる。

ダイアン・リーヴス:歌の才能
 1956年10月23日(0歳)ー5(動物レベル)
 1968年02月27日(11歳)ー6
 1985年05月18日(28歳)ー7
 1988年06月18日(31歳)ー8
 2004年07月18日(47歳)ー9
 2009年03月18日(52歳)ー-3(人間レベル)
 2014年02月18日(57歳)ー-2

才能が人間レベルへ突入しだした-171』2017/05/28 22:30

 171段に示したように、大江健三郎の文筆の才能が人間レベルに突入したのが、2009年1月31日だったから、2009年に転換点があるのかも知れない。
 ダイアンの歌の才能は、生まれたときにレベル5もあり、11歳でレベル6だから、

 Wikipedia『ダイアン・リーヴス』より
「ダイアンの家族は音楽一家で、・・・子供時代、・・・あらゆる機会に歌を歌った」

 とあるが、生まれながらに才能は高くても、実力はやり直さなければつかないから、まずはやれる環境に生まれるものである。ひとたびやれば子供ながらプロ歌手並みに歌うだろうし、周囲もその歌を熱狂的なファンのように聴きたがったに違いない。

「11歳のとき、音楽が生徒を最善の道へ導くと教えている教師によってインスパイアされ、彼女の音楽への関心は高まった」

 恵まれた環境には、インスピレーションを与える人も含まれる。
 楽しいから歌う少女に、人のために歌う使命感が芽生える。
 11歳から後のランクアップが、決まって18日なのがこれを物語る。己自身のためだけだったら、ランクアップはまちまちでも良いはずである。
 何故18日なのかまでは分からない。

 2015年12月29日発売のモーニング娘。60枚目トリプルA面シングル『冷たい風と片思い/ENDLESS SKY/One and Only­』から『冷たい風と片思い』のPromotion Editを改めて聴いてみた。当時これほど強くは感じられなかったが、涙が零(こぼ)れ落ちるほどの悲しさが胸を衝(つ)いた。

「Ah気づいてよ~」

 そう鞘師も歌っているが、以前は、嗚呼気づかなんだ。反省、反省。
 ラストコンサートで鞘師が『ENDLESS SKY』を歌う動画も改めて見た。

「泣くわけないでしょ~
 泣くはずがない~
 自分で選んだ未来だから~」

 つんく♂の思惑たっぷりの歌詞に嵌まり、最後のソロで鞘師は、嗚咽(おえつ)混じりになりながら、それでも何とか歌いきる。他のメンバーもそれぞれに泣いているのが分かるが、歌と踊りを止める者はいない。泣きながら歌い、踊りながら泣いている。それを見て、私はただ泣くだけである。 

フィリップス ノーズトリマー NT3162/10
コジマ楽天市場店
【商品解説】鼻毛、耳毛、眉毛をすばやく簡単にトリミング。●革新的なチューブトリマーは、先端が丸みを帯


楽天市場



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

枕営業-233
Excerpt: 『意識する-172』2017/06/10 22:56 「バナナも大川栄策も、意識して集めたわけではなく、向こうからやって来たのである。それともYouTubeが気を利かして集めてくれたのだろうか」
Weblog: 弥生艶葉樹(やぶつばき)のやぶの中
Tracked: 2018-09-18 12:27