魂畜生(こんちくしょう)-226

カルマから見えてくるもの-152』2017/02/10 11:53

 152段で死後カルマが軽くなった政治家を6人挙げたが、そのうちの1人をもう一度詳しく見てみる。

 以下Wikipedia『小渕恵三』より掻い摘まむ。
「小渕恵三首相は2000年4月2日午後、自由党との連立が前日に決裂したことを質問され、暫し答えに窮し、しどろもどろした場面がニュースに流れ、その夜緊急入院したとされている。脳梗塞を発症したのである。
 脳梗塞を発症しながら、首相臨時代理に青木幹雄を指名したとされ、当然疑惑が生まれ、後任の森喜朗総裁誕生の舞台裏と併せて『五人組の密室談合政治』ではないかと批判される原因となった。
 その後も小渕の昏睡状態は続き、意識を回復することのないまま、倒れてから約1か月半を経た同年5月14日午後4時7分に死去」

 まずは死去した小渕恵三首相のカルマを見る。

小渕恵三・カルマ
 2000年5月14日ー1ー1ー1ー1ー1ー1(人間レベル)
 2000年5月15日ー2ー2ー2ー2ー2ー2

 カルマが軽くなっているから、殺されたことが分かる。
 脳梗塞が死因だから、当時脳梗塞を引き起こす手口が使われたと言える。
 犯人はカルマが重くなっているから、それを探せば良い。今まで宗主国アメリカが、意に沿わない植民地日本の政治家を暗殺していると勝手に決めつけて、検知すらしなかった。今回は、単純明快に一番得をした者から検知してゆく。

森喜朗・無意識レベルのカルマ
 2000年5月14日ー-3(人間レベル)
 2000年5月15日ー8(動物レベル)
 一発で出てきた。小渕内閣の幹事長であり、次代首相の森喜朗である。
 カルマが2ランク重くなるのは、170段で、金正恩が金正男の、安倍晋三が松岡利勝の暗殺を指令したことを既に挙げている。

カルマ犯罪者その2・悪の申し子-170』2017/05/21 23:17
「無意識レベルのカルマ

金正男
 2017年2月13日ー2(動物レベル)
 2017年2月14日ー3(動物レベル)
金正恩
 2017年2月13日ー1(動物レベル)
 2017年2月14日ー-1(動物レベル)

松岡利勝
 2007年5月28日ー2(人間レベル)
 2007年5月29日ー3(人間レベル)
安倍晋三
 2007年5月28日ー4(動物レベル)
 2007年5月29日ー2(動物レベル)」

 五人組の残りもカルマを見てみる。

カルマ
青木幹雄
 2000年5月14日ー-3ー-3ー-3ー-3ー-3ー-3(人間レベル)
 2000年5月15日ー-4ー-4ー-4ー-4ー-4ー-4
村上正邦
 2000年5月14日ー0ー0ー0ー0ー0ー0(人間レベル)
 2000年5月15日ー-1ー-1ー-1ー-1ー-1ー-1
亀井静香
 2000年5月14日ー8ー8ー8ー8ー8ー8(人間レベル)
 2000年5月15日ー7ー7ー7ー7ー7ー7
野中廣務
 2000年5月14日ー2ー2ー2ー2ー2ー2(人間レベル)
 2000年5月15日ー1ー1ー1ー1ー1ー1

 全員1ランクずつ下落しているから、この4人も暗殺に関わっている。当然森喜朗が指令塔である。

「前首相の死亡の一因が、貴方にあった事を考えると、あまりにもしらじらしい発言」

 上記は野中廣務が小渕への哀悼の意を表明した鳩山由紀夫に対して批判した言葉だが、自分らで暗殺しておいて正当に疑惑を追及しただけの鳩山に責任があるかのように言ってみせるとは、老獪卑劣である。
 それにしても、自由党の連立離脱で政権運営が難しくなったとはいえ、それがすぐに首相暗殺に結びつくとは思えない。が、そこに人間の欲が絡んでくると、一気に直結する。

森喜朗・野心
 2000年03月18日ー4ー4ー4ー4ー4(人間レベル)
 2000年03月19日ー6ー6ー6ー6ー6
 2000年05月08日ー7ー7ー7ー7ー7
 2000年05月15日ー9ー9ー9ー9ー9

 2000年3月19日、森喜朗の野心は2段階跳ね上がる。ここで政権奪取、首相暗殺の意志が固まったものだろう。

「正直いってえらいことになったな」

 首相になって嘘の内心を吐露しているが、破顔一笑を抑え深刻な顔を作るのに必死だったことだろう。
 だが、この決意は、ただの暗殺では留まらない。首相暗殺であるからクーデターとなる。
 暗殺とクーデターの対応する内面を見ると、
 暗殺の対応するのは4項目、
野心、
カルマ、
徳目8/16(非暴力・不貪・識別・無執着・無我・苦行・読誦・離欲)、
愛であり、
 クーデターの対応するのは7項目、
才能4/7(音楽・ダンス・料理・数学)、
性格5/8(親切・明るさ・積極性・恥じらい・率直)、
品格、
野心、
カルマ、
徳目8/16(非暴力・不盗・禁欲・不貪・識別・無我・離欲・利他)、
愛となる。
 暗殺にはなくクーデターにある項目は、才能と性格、品格である。
 森喜朗の品格(忍耐・貞操・寛容/嫉妬・復讐心・頑迷)を見ると、

森喜朗・品格
 2000年5月14日ー0ー0ー0(人間レベル)
         /-3ー-3ー-3(人間レベル)
 2000年5月15日ー-2ー-2ー-2
         /-1ー-1ー-1

 となり、変化しているので、暗殺ではなくクーデターを引き起こしたのが正確なところだと分かる。
 こんなクーデターが起こっていたとは、私を含め多くの日本人が知らなかったことだろうが、1度限りのことではない。同じように首相が病気理由で退任したこの20年前にも、実はクーデターが起こっている。

 Wikipedia『大平正芳』より
「総選挙が公示された5月30日、大平は第一声を挙げた新宿での街頭演説の直後から気分が悪くなり、翌日過労と不整脈により虎の門病院に緊急入院した」

 大平正芳のカルマを見てみる。

大平正芳・カルマ
 1980年6月12日ー2ー2ー2ー2ー2ー2(人間レベル)
 1980年6月13日ー3ー3ー3ー3ー3ー3

 死亡した翌日にカルマが軽くなっているので、殺されたのである。死因は心筋梗塞。
 総理臨時代理(Wikipedia『大平正芳』より)の伊東正義と次代の首相鈴木善幸のカルマを見ておく。

伊東正義・カルマ
 1980年6月12日ー4ー4ー4ー5ー4ー4(人間レベル)
 1980年6月13日ー3ー3ー3ー4ー3ー3
鈴木善幸・カルマ
 1980年6月12日ー8ー8ー8ー8ー8ー8(人間レベル)
 1980年6月13日ー7ー7ー7ー7ー7ー7

 2人はともに大平派の重鎮であり、そんなことをするはずがないと思うが、確かに大平暗殺に加担している。では、誰が指令したのか。
 大平内閣は「角影内閣」と呼ばれているから、田中角栄の無意識レベルのカルマを見てみる。

田中角栄・無意識レベルのカルマ
 1980年6月12日ー-3(人間レベル)
 1980年6月13日ー8(動物レベル)
 1993年12月16日ー7
 1993年12月17日ー8

 2ランクの下落から、大平暗殺を指令したのは田中角栄である。品格を見てみると、

田中角栄・品格
 1980年6月12日ー8ー8ー8(動物レベル)
         /-2ー-2ー-2(人間レベル)
 1980年6月13日ー6ー6ー6(動物レベル)
         /0ー0ー0(人間レベル)

 変化が見られ、クーデターを証する。
 その田中も

「1985年
2月27日 - 脳梗塞で倒れ入院。言語症や行動障害が残り、以降政治活動は不可能に」

 そして、1993年12月16日に死去。翌日カルマは軽くなっており、殺されたことが分かる。
 田中など殺したのだから殺されても仕方ない気がするが、時の首相を、親や兄弟のような仲間を、よく殺せるものである。損得勘定だけで動く者は、それが当たり前なのかも知れないが、どう見ても人間とは思えない。魂は動物レベル以下の存在に相違なく、そこでこういう奴らを「魂畜生(こんちくしょう)」と呼ぶことにする。
 魂畜生がクーデターを起こすのも、天界の天照政権が約3000万年前クーデターで奪取した政権で、天界で起こることは地上でも起こるのだから仕方ないのかも知れない。
 また、こうやって魂畜生のクーデターが露わになるのも、天界で天照一党が裁かれたことによるもので、つまり魂畜生も裁かれずにはおかれないだろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

この記事へのコメント

  • まさゆき

    沖縄の知事、殺されたのでしょうね。
    魂畜生だらけの国、どこまで落ちるのでしょうか?
    2018年08月09日 07:29
  • 弥生艶葉樹

     まさゆきさん、スルドい。
     翁長知事のニュースを聞き、私もそう思い、
    すぐにカルマを調べようとカードを作り、
    日が替わるのを待ちました。案の定・・・。
     次段にて触れたいと思います。
    2018年08月09日 10:42
  • まさゆき

    最近なぜか同じ考えが多いですよね。やはり人間は根っこの部分で繋がっている証拠でしょうか。次の記事楽しみにしています。ところで、次にでた記事を時事プログに紹介してもいいですか?もし、いやなら紹介はしません。
    2018年08月11日 21:54
  • 弥生艶葉樹

     私のは生存中の人の内面も公表して、節操がない嫌いがあり、節操のある時事ブログに相応しくないのではないでしょうか。
    2018年08月12日 12:33
  • まさゆき

    解りました。
    2018年08月12日 17:11

この記事へのトラックバック

魂畜生その2・翁長知事暗殺!-227
Excerpt:  2018年5月15日に膵癌を公表していた翁長雄志(おながたけし)沖縄県知事が、2018年8月8日午後6時43分に死去した。  勘の鋭い人なら誰しも「殺された」と思うだろう。
Weblog: 弥生艶葉樹(やぶつばき)のやぶの中
Tracked: 2018-08-12 12:25

喜ばしい、喜ばしい-230
Excerpt:  そう言えば、竹中平蔵がNHK民営化と言う、今考えれば至極全うに聞こえることを言っていたのを思い出した。
Weblog: 弥生艶葉樹(やぶつばき)のやぶの中
Tracked: 2018-09-06 12:30

外面の1つ健康について-260
Excerpt: 『転換点-87』2016/02/07 22:14
Weblog: 弥生艶葉樹(やぶつばき)のやぶの中
Tracked: 2019-02-14 13:38