近親相姦を見る-202

 近親相姦はタブー(禁忌)とされてはいるが、道徳を刑罰に盛り込むべきではないとの見解から、日本では近親相姦罪は撤廃されている。
 合意の上なら法的には罪とはならないが、それでも霊的には歴然と裁かれる。
 例によって例のごとくAV動画から、個人を特定できる父と娘のセックスを拾ってきた。
 1つ目の事例は、R嬢(23歳・OL)とその父。
 通常の衣服のままR嬢は、ズボンを脱いで仰臥する父の上に跨がり、騎乗位素股をする。次にR嬢は、覆う面積の極めて少ない紐状の水着に着替え、父はパンツも脱ぐ。さすがに直にその上には跨がれないと言うと、用意されたラップが差し出され、ラップ越しの素股が始まる。このラップが、ことに父において、絶大なる免罪符となって、父という仮面は簡単に剥ぎ取られ、暴漢としての荒々しい素性が露わとなる。
 一線を越え、ラップごと押し入った暴漢は、ラップ越しであることを強調して、ピストン運動を始めるや、R嬢の再三の「もう止めて」に対しても「ラップ越しだから」の一点張りで続ける。
 暴漢の荒々しさが正体を見せるのは、一旦暴漢がR嬢から離れた後だった。終わったと思うR嬢の面前に、わざわざラップした己が逸物を示し、例の「ラップ越しだから」を発して、R嬢の頭を片手で押さえつけ、R嬢の口へラップした逸物を捻じ込み、もう片方でR嬢の股間を刺激する。
「もう止めて」
「ラップ越しだから」
 この懇願と拒否を何度繰り返したことだろう。これは近親相姦ではなく、近親姦と言った方が適切である。
 終えるときも「ラップ越しだから」そのまま射精する。ところがラップは破れていて“中出し”となり、抜いたR嬢の膣口から精液が流れ出てくる。これを見た暴漢は、ラップが破れていたからだと弁明し、破れたラップをわざわざR嬢の眼前に差し出して見せる。

 それでは、ここで近親相姦に対応する項目を見ていく。
 不倫の項目から愛と野心を差し引いたものとなった。と言うことは、不倫より近親相姦の方が、まだ罪は軽いと言うことになるのか。
 検知した結果、撮影されたのは2017年11月21日のことである。

R嬢(23歳・OL)
カルマ
 1994年11月20日(推定0歳・無意識レベル)ー5(動物レベル)
 2006年3月14日(推定12歳・無意識レベル)ー4
 2017年3月15日(推定23歳・無意識レベル)ー3
 2017年11月21日ー3ー3ー3ー3ー3ー3
 2017年11月22日ー2ー2ー2ー2ー2ー2
父・カルマ
 2006年3月14日(無意識レベル)ー3(動物レベル)
 2017年3月15日(無意識レベル)ー2
 2017年11月21日ー2ー2ー2ー2ー2ー2
 2017年11月22日ー1ー1ー1ー1ー1ー1
品格
 ー嫉妬ー復讐心ー頑迷ー忍耐ー貞操ー寛容
 2017年11月21日ー3ー3ー3ー8ー8ー8(動物レベル)
 2017年11月22日ー4ー4ー4ー7ー7ー7
徳目
非暴力
 2017年11月21日ー5ー5ー5ー5ー5ー5(動物レベル)
 2017年11月22日ー4ー4ー4ー4ー4ー4
正直
 2017年11月21日ー5ー5ー5ー5ー5ー5
 2017年11月22日ー4ー4ー4ー4ー4ー4
無執着
 2017年11月21日ー5ー5ー5ー5ー5ー5
 2017年11月22日ー4ー4ー4ー4ー4ー4
無我
 2017年11月21日ー5ー5ー5ー5ー5ー5
 2017年11月22日ー4ー4ー4ー4ー4ー4
知足
 2017年11月21日ー5ー5ー5ー5ー5ー5
 2017年11月22日ー4ー4ー4ー4ー4ー4
最高神への信仰
 2017年11月21日ー5ー5ー5ー5ー5ー5
 2017年11月22日ー4ー4ー4ー4ー4ー4
離欲
 2017年11月21日ー5ー5ー5ー5ー5ー5
 2017年11月22日ー4ー4ー4ー4ー4ー4
全託
 2017年11月21日ー5ー5ー5ー5ー5ー5
 2017年11月22日ー4ー4ー4ー4ー4ー4

初めての不倫-200』2018/02/01 10:58
 の不倫したH婦女と見比べると、R嬢は、人間レベルが何も見当たらず、思いのほかカルマが重く、徳目も低い。まあまあなのは品格の嫉妬、復讐心、頑迷がやや高いところに留まっていることくらいである。
 父親のカルマを合わせ見ると、2人の近親姦はR嬢12歳のときと、23歳の春にも行われていたことが分かる。父親がR嬢の唇を求めたり、フェラチオさせたり、通常しないようなことをするのは、既にそういうことをしたことがあるからなのだろう。この父親のカルマの重さになると、暴漢になっても不思議はない気がする。
 終わったとき感想を聞かれた父親が言った「久しぶりだったんで(激しくなった)」は通常のセックスのことではなく、8ヶ月ぶりとなるR嬢とのセックスのことだった。
 カルマを見るだけで、こんなことも分かってしまう。人がなしたことは、カルマだけに限らず、洩れなく記録されて消えることはない。魂(ジーヴァ)の寿命は最低1,200年と想像するが、その間中残らず記録され、霊界ではそれを隠すことはできず、常に公開している状態にあると言う。そのため非道いことをした者は、大っぴらに外出もままならなくなり、引き籠もるようになると言う。

 後の2組は、親娘で20分間の、騎乗位素股の背面型である“尻コキ素股”対決を行い、勝者には10万円の賞金が出る、と言うゲームだったが、いつしか“中出し”して妊娠検査が陽性だったら賞金20万円となった。
 2組ともカルマだけを調べてみる。
 撮影日は、2組とも2017年7月15日である。

K嬢(22歳)
カルマ
 1995年7月16日(推定0歳・無意識レベル)ー3(動物レベル)
 2005年2月11日(推定10歳・無意識レベル)ー2
 2017年7月15日ー2ー2ー2ー2ー2ー2
 2017年7月16日ー1ー1ー1ー1ー1ー1
父・カルマ
 2005年2月11日(無意識レベル)ー2(動物レベル)
 2017年7月15日ー2ー2ー2ー2ー2ー2
 2017年7月16日ー1ー1ー1ー1ー1ー1

C嬢(18歳・大学生)
カルマ
 1999年7月16日(推定0歳・無意識レベル)ー4(動物レベル)
 2002年7月16日(推定3歳・無意識レベル)ー3
 2008年7月16日(推定9歳・無意識レベル)ー2
 2017年7月15日ー2ー2ー2ー2ー2ー2
 2017年7月16日ー1ー1ー1ー1ー1ー1
父・カルマ
 2002年7月16日(無意識レベル)ー2(動物レベル)
 2008年7月16日(無意識レベル)ー2
 2017年7月15日ー2ー2ー2ー2ー2ー2
 2017年7月16日ー1ー1ー1ー1ー1ー1

 K嬢親娘も、K嬢10歳のとき既に近親姦している。子供から親を拒絶することはできないから、こういうケースが一番多いことだろう。ピストン運動に象徴される暴力的セックスを止めない限り、近親姦はなくならない気がする。
 C嬢に関しては、少なくとも父親との近親姦は、今まではなかった。
 それにしても、調べているうちに、6人中5人の数値が一致して驚いた。数値の異なるR嬢にしても1段階の違いでしかなく、このカルマの重さが、近親相姦する人の行為の端々に垣間見える「荒々しさ」として共通しているような気がする。
 と言うのも、筆者に次の経験があるからである。
 1986年頃(正しくは1989年、参照『エステ売春夫“障り”-239』)のことだったと思うが、筆者は、働いていた職場にアルバイトに来た大学生F嬢と付き合った。最初飲んだ機会に肉体関係も持ち、付き合い始めると、どことなく、いつもの自分ではない自分に気づき始める。恋する者に共通する、ある種の盲目状態にあるものだと思っていたのだが、そんな浮(うわ)ついたものではなく、心が荒(すさ)んできたのである。絶えず何かにイライラして、本来の自分ではない偽悪的な判断や行動を取ってしまう。自分が、どんどん暴力的になっているのが分かった。
 丁度、竹下雅敏氏が言う憑依されたときの状態と同じだろう。それが憑依ではなく、丁度魔女と肉体関係を持って魔法を掛けられるように、重いカルマに巻き込まれたからではないかと思いついた。それでF嬢の無意識レベルのカルマを調べてみた。

F嬢・無意識レベルのカルマ
 1965年ー5(動物レベル)
 2018年ー5

 推定の誕生年から現在まで変わっていないが、重いカルマだと言える。
 当時は、憑依もカルマも考えになかったが、わけもなく藻搔くような苦しみから、一刻も早く抜け出したかったからか、女性に嫌われるようなことを敢えてして、早々に関係を絶ったのを覚えている。
 F嬢の友人から、前の彼氏は暴力的だったと聞いたこともあり、これもF嬢のカルマに巻き込まれたからに違いないと思う。
 動物レベルの5でさえ、これほどの悪影響を及ぼすのだから、2とかで近親相姦すると言われても、もう驚きはしない。では安倍晋三のような植物レベルの6だと、どんなことになるか。昭恵夫人とて動物レベルの-3と言う非道さだが、これが巻き込むのではなく、巻き込まれるのだから驚くほかはない。昭恵夫人がするどんな悪事も、晋三のカルマの重さに原因があると言うわけである。もちろん、行政のトップがこれだと、日本が地獄化するのも当然避けられそうにない。
 そもそも「荒々しさ」に気づくきっかけになったのは、ジャン・ジュネの言う、男娼たちから愛される男たち、死刑囚が筆頭に挙げられるが、その美につきものの「暴々しさ」である。これは、重いカルマの壮麗化に違いなく、きっと人まで巻き込んで荒ませる類いのものである。
 ジャン・ポール・サルトルはジャン・ジュネの壮麗化を、ジュネの回転装置(トウルニケ)によるものとしているが、この回転装置に限って言えば、何もジュネ個人のオリジナルではなく、人体の防御システムとして誰もが持っている。
 例えばランナーズハイ。

「マラソンやジョギングを行うと通常、次第に苦しさが増してくるが、それを我慢し走り続けるとある時点から逆に快感・恍惚感が生じることがある。この状態をランナーズハイと呼ぶ」(Wikipedia『ランナーズハイ』より)

 苦痛を快感に転換する装置が人体には備わっている。
 この転換装置を利用したものが、世に蔓延する性倒錯者流のセックス、イナンナ崇拝の巫女が習って訓練する動物的・悪魔的・暴力的セックスであり、苦痛に慣れさせ、苦痛のレセプター(受容器)を作らせ、苦痛によがるようにして、性倒錯者を日夜増やし続けている。
 正しいセックスを知らず、正しいと思い込んだセックスをして、皮相の快感に耽(ふけ)り、邪(よこしま)な心になってゆく。
 正しいセックスを知り、正しいセックスをして、愛を育んでこそ、果実の実である快感を味わうことができる。
 どちらを選択するか、分かり切ったことだと思うのだが・・・、多くの人が覚醒することを願ってやまない。

一太郎2018 バージョンアップ版 ジャストシステム 日本語ワープロソフト【返品種別B】
Joshin web 家電とPCの大型専門店
在庫状況:入荷次第出荷□「返品種別」について詳しくはこちら□■新製品■2018年02月 発売※この商



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

“不徳の致すところ”-217
Excerpt: スポーツ報知2018/05/21 08:43 『大関・豪栄道が9日目から休場 来場所7度目カド番 十両・蒼国来も』 「今場所の十両以上の休場者は稀勢の里、高安、遠藤、照ノ富士に続いて6人目」
Weblog: 弥生艶葉樹(やぶつばき)のやぶの中
Tracked: 2018-05-26 22:34

H婦女の現在-246
Excerpt:  題材(ネタ)をAV動画から仕入れるのは、
Weblog: 弥生艶葉樹(やぶつばき)のやぶの中
Tracked: 2018-12-04 13:00