光と闇ー145

 『カルマ犯罪者ー142』で、日本への原爆投下を承認したアメリカ大統領ハリー・S・トルーマンの無意識レベルのカルマを見たが、酷い下落振りだった。
 因みに、トルーマンは、アメリカ大統領史上唯一4選を果たした、第32代大統領フランクリン・ルーズベルトが「肖像画の制作途中、1945年4月12日の昼食前に脳卒中で死去し、副大統領が大統領に昇格」(Wikipediaより)したものだった。
 入魂して仏像を彫り上げて死ぬことは聞いたことがあるが、肖像画を描いて貰ううちに死んだのは初めて聞いた。とにかく突然死するようでは、重いカルマの影響だろうから調べてみる。

フランクリン・ルーズベルトの無意識レベルのカルマ
 1882年1月30日ー8(動物レベル)
 1889年1月30日ー7
 1891年1月30日ー6
 1895年1月30日ー5
 1899年1月30日ー4
 1905年1月30日ー3
 1910年1月30日ー2
 1927年1月30日ー1
 1931年1月30日ー0
 1933年1月30日ー-1
 1936年1月30日ー-2
 1939年1月30日ー-3
 1943年1月30日ー-4

 驚いたことに、一生で12ランクも下落している。動物レベルのー4(無)に至っては、突然死もやむを得ない。
 ルーズベルトと言い、トルーマンと言い、悪の帝国の大統領に相応しい数値が出てくる。
 以後の大統領はどうなのか、就任日と退任日で調べてみる。

無意識レベルのカルマ
第34代大統領ドワイト・D・アイゼンハワー
 1953年1月20日ー3(人間レベル)
 1961年1月20日ー4(動物レベル)
第35代大統領ジョン・F・ケネディ
 1961年1月20日ーー4(動物レベル)
 1963年11月22日ーー3(動物レベル)
第36代大統領リンドン・ジョンソン
 1963年11月22日ー7(動物レベル)
 1969年1月20日ー0(動物レベル)
第37代大統領リチャード・ニクソン
 1969年1月20日ー5(動物レベル)
 1974年8月9日ー0(動物レベル)
第38代大統領ジェラルド・ルドルフ・フォード
 1974年8月9日ー4(動物レベル)
 1977年1月20日ー0(動物レベル)

 折角人間レベルだったアイゼンハワーも動物レベルに下落している。後は皆動物レベルの重いカルマをしているが、中でもケネディは、就任当初からどん詰まりのー4(無)である。CIAに暗殺されて1ランク軽くなりー3(消滅)になっているが、そうなるのは『歌い手その19ー131』で見たように翌日のことだから、日付が1日狂っている。多分記載された日付は日本時間なのだろう。
 『実際にカルマを測ってみるー126』でカルマが重いと周囲を巻き込むことがあり、永田寿康議員の例を挙げたが、永田寿康2009年 カルマーー3ーー3ーー3ーー3ーー3ーー3(動物レベル)、ケネディはー4(無)なので断然重い。生まれてからの推移を見てみる。

ジョン・F・ケネディ 無意識レベルのカルマ
 1917年5月29日ー5(動物レベル)
 1930年ー3(動物レベル)
 1935年ー1(動物レベル)
 1940年ー0(動物レベル)
 1945年ーー1(動物レベル)
 1955年ーー3(動物レベル)

 生まれたときからカルマは重く、そして着実に下降している。前世で悪を繰り返し、生まれてからも絶えず悪をなしている、と言うことである。
 竹下雅敏氏の「愛のレベルはカルマのレベルより上には行かない」と言う言葉がある。ケネディの愛と野心を調べてみる。

ジョン・F・ケネディ1963年
 愛ーー3ーー3ーー4ーー4ーー4(動物レベル)
 野心ー9ー9ー9ー9ー8(人間レベル)

 一目瞭然である。ケネディは愛のない野心家、もっと端的に言えば極悪人である。
 思い返せば、1962年のキューバ危機のとき、人類は愛のない野心家・極悪人ケネディの重いカルマに巻き込まれ、あわや核戦争の瀬戸際まで行ったが、ソ連の最高指導者ニキータ・フルシチョフができた人で助かった。

ニキータ・フルシチョフ1962年
 無意識レベルのカルマー4(人間レベル)
 愛ー4ー4ー4ー4ー4(人間レベル)
 野心ー2ー2ー2ー2ー2(動物レベル)
ヨシフ・スターリン1945年
 愛ーー3ーー3ーー3ーー3ーー3(動物レベル)
 野心ー7ー7ー7ー7ー7(人間レベル)

 愛と野心を見ればスターリンも極悪人である。もしフルシチョフがスターリンだったら、極悪人同士の敵対となり、核戦争は起こってしかるべきだった。誠に幸運なことに、実際は、スターリン批判をする、愛厚く野心の少ないフルシチョフだったからこそ、人類は助かったのである。
 それから55年経った現在も、アメリカ大統領オバマとロシア大統領プーチンとを比べると、闇と光の構図は変わっていない。

 シャンティ・フーラの時事ブログ2017/01/02 7:43 PM
『[創造デザイン学会]泰然たる柔道家プーチンが“レームダック”オバマに格の違いを見せつける
「タイトルが、全てを物語ってます。翻訳者の方は、“アメリカ帝国が、恐らく自国民にも愛想をつかされて沈んでいく光景が、誰の目にも見えてくる”とし、今回のオバマに対するプーチン大統領の行動が、“歴史を動かす事は確実であろう”と言ってます。そして最後の漫画を、“画像の見られない方は、是非、創造デザイン学会の方へリンクして見ていただきたい”とのことです。
 その漫画を見ると、やはり以前指摘した通り、勝負は神業の空気投げでついたようです。やはり、皆感じる事は同じだと思いました。
 蛇足ですが、オバマの場合は空気投げとは言え、まだプーチン大統領に相手にしてもらっています。ですが、我らのあべぴょんは、誰からも相手にすらされていません。うぅ…なんて可哀想なあべぴょん。わるい事は言わないから、早く消えた方がいいよ。(竹下雅敏)」

 現在、世界はプーチン大統領がフルシチョフのような人で助かっている。
 アメリカではオバマからトランプへ変わり、改革が進みそうである。日本も1日も早く安倍晋三・自公軍国ナチ政権が終焉を迎え、改革に邁進する勢力に交代することを望む。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

歴史上の有名人の無意識レベルのカルマー146
Excerpt:  カルマの軽重が何を表しているかと言えば、その人が今までにどれだけ悪をなしてきたかの積算である。軽い人は軽い分の悪しかなしてこなかったのであり、重い人は重い分の悪をなしてきたのである。またこれから、元..
Weblog: 弥生艶葉樹(やぶつばき)のやぶの中
Tracked: 2017-01-12 11:29

愛と野心その8ー147
Excerpt:  『光と闇ー145』でジョン・F・ケネディを取り上げ、愛のない野心家であることを示した。
Weblog: 弥生艶葉樹(やぶつばき)のやぶの中
Tracked: 2017-01-14 20:32

暗愚な人ー148
Excerpt:  『光と闇ー145』で見た通り、悪の帝国アメリカの大統領は皆カルマが重く、動物レベルだった。  日本の昭和の首相でカルマが動物レベルなのは、田中義一と岸信介しかいない。
Weblog: 弥生艶葉樹(やぶつばき)のやぶの中
Tracked: 2017-01-20 11:20

医療、何かがおかしいー150
Excerpt:  『合わない薬やめました』2015/01/17 12:50で、個人的体験から、現行医療、つまり西洋医学の薬物療法(アロパシー)への不信と言うものが芽生え、東洋医学のマントラテラピーに切り替えた経緯を述..
Weblog: 弥生艶葉樹(やぶつばき)のやぶの中
Tracked: 2017-02-05 20:27