真実の手がかりー133

Wikipedia『大坂の陣』より
「家康討死伝承
堺市にある南宗寺には『大坂夏の陣で茶臼山の激戦に敗れた徳川家康は、駕籠で逃げる途中で後藤又兵衛の槍に突かれ、辛くも堺まで落ち延びるも、駕籠を開けると既に事切れていた。ひとまず遺骸を南宗寺の開山堂下に隠し、後に改葬した』との異伝を伝えている(『南宗寺史』)。当地にはかつて東照宮もあり、元和9年(1623年)の将軍宣下の折に2代秀忠(7月10日)、3代家光(8月18日)が相次ぎ参詣している。戦災で失われ、現在の『東照宮 徳川家康墓』と銘のある墓標は、かつての水戸徳川家家老裔の三木啓次郎が昭和42年に(1967年)に再建したものだが、墓標近くには山岡鉄舟筆と伝わる『この無名塔を家康の墓と認める』との碑文も残る」

 竹下雅敏氏は『日本史講座 第8回(後半)保元の乱から明治維新までの政変と天界の動き』で、上の文章を提示され、事実であるとされている。
 そこで、弥生艶葉樹も確認してみる。

徳川家康・無意識レベルのカルマ
 1615年5月7日ーー1(動物レベル)
 1615年5月8日ー0(人間レベル)
 1615年6月3日ー0(人間レベル)
 1615年6月4日ー0(人間レベル)

 大坂夏の陣・天王寺口の戦いの日付は、慶長20年5月7日(1615年6月3日)とWikipediaに出ているので、6月3日と6月4日で調べたが変わりはなく、5月7日と5月8日で調べると変化があった。それも大きく軽くなっているから、5月7日に死んだのなら8日から影武者が立てられたと言うことができる。が、ここでもうひとつ念を押すために、五行類型論の体型を見てみる。

1615年5月7日:8ー2型
1615年5月8日:4ー6型

 これでハッキリした。人の体型が一生のうちに変わるはずはなく、変わったとすれば、別人が成りすましていることになる。
 徳川家康の体型については、既に『歌い手その17(104)』で8ー2型と言うことを書いている。そのときは、関ヶ原の戦いの年で調べたと思うが、その型が出てくる。8ー2型が本物で4ー6型が影武者である。
 徳川家康は大坂夏の陣・天王寺口の戦いで、それも日付は1615年5月7日に、真田幸村や後藤又兵衛と言った有名人が絡んで、死んでいた。1年ばかり世を謀(たばか)ったのである。
 竹下雅敏氏の波動の検知法を用いれば、歴史もここまで確認できる。また、日本銀行総裁や首相が、就任中に悪をなしたかどうかさえ分かることは、『年貢の納め時ー130』『正体を暴くー132』で既述した。さらに、殺人をすればカルマに明確に現れるし、徳目の正直を調べれば、嘘をついたかどうかが嘘発見器より精確に出てくる。
 プロ棋士が不正をしたかどうかで弁明したが、ここでは書かないが、そこで嘘をついたかどうかなど明確に分かる。
 ここでは、愛と野心、カルマを調べた歴代首相の無意識レベルの正直を調べる。

無意識レベルの正直
田中義一
 1927年4月20日ー1(動物レベル)
 1929年7月2日ー0(動物レベル)
浜口雄幸
 1929年7月2日ー9(人間レベル)
 1931年4月14日ー9(人間レベル)
近衛文麿
 1940年7月22日ー3(人間レベル)
 1941年10月18日ー2(人間レベル)
東條英機
 1941年10月18日ー9(人間レベル)
 1944年7月22日ー5(人間レベル)
吉田茂
 1948年10月15日ー9(人間レベル)
 1954年12月10日ー7(人間レベル)
鳩山一郎
 1954年12月10日ー9(人間レベル)
 1956年12月23日ー9(人間レベル)
岸信介
 1957年2月25日ー8(動物レベル)
 1960年7月19日ー5(動物レベル)
池田勇人
 1960年7月19日ー9(人間レベル)
 1964年11月9日ー6(人間レベル)
佐藤栄作
 1964年11月9日ー9(人間レベル)
 1972年7月7日ー8(人間レベル)
田中角栄
 1972年7月7日ー9(人間レベル)
 1974年12月9日ー8(人間レベル)
福田赳夫
 1976年12月24日ー9(人間レベル)
 1978年12月7日ー6(人間レベル)
大平正芳
 1978年12月7日ー9(人間レベル)
 1980年6月12日ー8(人間レベル)

 動物レベルの田中義一、岸信介、人間レベルでも合格にあと一歩足りない近衛文麿のほかは、全員に超越(9)があることに驚いた。政治家と言えば二枚舌とか嘘をつくのが当たり前のよう思っていたが、どっこい正直者がこんなに多いとは驚くばかりである。それに比べ、今の政治家と言ったら・・・。

****
 無意識レベルの正直ー6(動物レベル)
****
 無意識レベルの正直ー1(動物レベル)
****
 無意識レベルの正直ー2(動物レベル)
****
 無意識レベルの正直ー6(動物レベル)
****
 無意識レベルの正直ーー2(動物レベル)
****
 無意識レベルの正直ー1(動物レベル)
****
 無意識レベルの正直ー5(人間レベル)
****
 無意識レベルの正直ー8(人間レベル)
****
 無意識レベルの正直ー8(人間レベル)

 思い浮かんだ政治家を調べたら、上のようになった。救いは人間レベルがいたことだ。嘘をつくような政治家は、もう要らない。
 公益法人にも目を向けてみよう。
 日本医師会の第10代から第15代会長の無意識レベルのカルマを、就任の年と辞任の年で調べた。

第10代小畑惟清・無意識レベルのカルマ
 1955年ー3(人間レベル)
 1957年ー0(人間レベル)
第11代武見太郎・無意識レベルのカルマ
 1957年ー2(人間レベル)
 1982年ー-2(人間レベル)
第12代花岡堅而・無意識レベルのカルマ
 1982年ー0(人間レベル)
 1984年ー-1(人間レベル)
第13代羽田春兔・無意識レベルのカルマ
 1984年ー1(人間レベル)
 1992年ー0(人間レベル)
第14代村瀬敏郎・無意識レベルのカルマ
 1992年ー4(人間レベル)
 1996年ー1(人間レベル)
第15代坪井栄孝・無意識レベルのカルマ
 1996年ー1(人間レベル)
 2004年ー-2(人間レベル)

 誰もがカルマを重くしている。一体何が楽しくって、会長なんぞをするのだろう。少ない人で2ランク、多い人で6ランク下げている。前にも言ったが、2人殺した、6人殺したと同じことになる。前のランクに戻るには、2回殺され、6回殺されなければならない。そうまでして、一体何をしたいのであろう。
 医者などは、人の命を救う職掌柄、カルマを積むようなことはないと言う思いがある一方、実際は殊の外カルマを重くする者が多いような気がする。気が狂う者も多くいると聞く。カルマがある限度まで重くなると、障害が見られるようになり、さらに進むと破綻する。動物レベルでもムーラダーラ(1)以下は要注意である。
 日本銀行総裁、内閣総理大臣、日本医師会会長、どれもなった者は皆カルマを重くする。換言すれば、皆堕落するのである。組織のトップに立ったと思ったら、そこが堕落の始まりである。もし周りにカルマの重い者でもいたら、巻き込まれて落下は加速する。堕落したら最後、2度と浮かび上がるチャンスはなく、低迷したまま藻掻き苦しむだけだ。
 組織に入るからにはトップを狙う、満々たる野心を抱いた青年は、熾烈な競争のただ中に飛び込み、掛け替えのない幸せの数々を擲って邁進する。トップに立つのが堕落の始まりだと言ったが、トップに立つ前から既に堕落は始まっていた、と言った方が正確かも知れない。
 こんなことなら、熾烈な競争を脱落した方が、負け犬になった方が、良かったのではないか。さらに、こんな組織には入らない方が、余程増しなのではないか。入学あるいは入社試験に落ちた方が、受かった方より幸福を手にする機会が多くなると言うことにもなる。一見ドロップ・アウトしたように見えて、実は軌道修正していたのだと言える。
 特に悪の蔓延る社会では、手を汚さなければ出世できないことが多い。そんな中では、出世する者の中より、不遇な人の中に、望むべきいわゆる本物が隠れている。
 このほど歌手で初めてノーベル文学賞を受賞することになったボブ・ディランだが、弥生艶葉樹がこの名を初めて聞いたのは、70年代初頭にシンガーソングライターの草分け的存在として登場した吉田拓郎などの話からであり、73年にヒットしたガロの『学生街の喫茶店』にも歌詞の中に登場したのを覚えている。

 シャンティ・フーラの時事ブログ2016/10/16 9:23 PM
『[Sputnik]なぜボブ・ディランがノーベル賞を受賞? ? ボブ・ディランは動画の中で“魂を売った”と言っている』
「なぜ、ボブ・ディランがノーベル賞を受賞出来たのか。下の動画を見ると、直ちに分かります。43秒までをご覧ください。ボブ・ディラン自身が、自分で“魂を売った”と言っています。
 要するに、彼はイルミナティなので、この賞を受賞出来たわけです。(竹下雅敏)」

 ミュージシャンなど才能によって売れるとばかり思っていたが、そうではなく、悪魔との契約によってであるという。出世するのに手を汚すどころの騒ぎではなく、こちらは魂を売ってしまっている。
 神と違って悪魔は、決まって、願いを叶える引き替えに魂などの見返りを求めることをする。
 魂は概念ではなく実体である。心臓の間隙に原因体として存在している。だから、魂を売るとは、絶対服従の誓いをするという意味ばかりではなく、原因体の奪取を認めると言うことである。原因体は個を特定するものであるから、それを奪取せられ食べられてしまえば、個は消滅する。心臓を捧げる儀式など、まさにこれの象徴であるだろう。

 シャンティ・フーラの時事ブログ2016/11/03 10:45 PM
『朴大統領の弾劾を求める動きは米軍の良識派によるもの ? 世界中で悪が駆逐されている』
「朴大統領の弾劾を求める動きですが、これは米軍の良識派によるものだと考えています。記事では、朴大統領は“ある種のカルト宗教と関係している人たち”の影響下にあったとあります。おそらく統一教会のことでしょう。朝鮮日報の記事には、崔順実(チェ・スンシル)氏と統一教会の関係が書かれています。統一教会は北朝鮮と関係が深く、米国は南シナ海での戦争が出来なければ北朝鮮を暴発させるつもりだっただけに、この動きはそれを封じる意味があると思います。
 世界中で悪が駆逐されて行く様を見ているようです。(竹下雅敏)」

 安倍晋三も人ごとではないだろう。統一教会とは祖父岸信介の時代から、深い関係がある。新世界秩序(NWO)を標榜し、世界の統一を目指す悪魔崇拝者は、ハルマゲドンを起こして人類の9割削減を狙う。その先兵・先陣を担うのが安倍晋三・自公軍国ナチ政権である。
 だが、その野望はほとんど挫(くじ)かれている。今やハルマゲドンは起こらない。核の先制攻撃しかなくなった悪魔崇拝者だが、ロシアの最新兵器には、核兵器を無力化するものがあり、なおかつ1発で日本列島を吹き飛ばすものがあり、とても太刀打ちできないことが分かってしまった。
 そんな状況の中で、安倍晋三・自公軍国ナチ政権は、旧来通り原発でプルトニウムを製造しようと躍起になっている。
 こんな古ぼけた、北朝鮮のような国民無視のやり方しかできない政権は、とっとと潰れろと願うのだが、悲しいことにまだ続いている。続けば続くほど、日本国は堕ちて奈落の底へと近づいてゆく。
 一刻も早く、悪が駆逐されることを願う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

愛と野心その6ー136
Excerpt:  シャンティ・フーラの時事ブログ2016/11/20 10:30 PM 『ロビイストをすべて排除するつもりのトランプ政権 〜 公の地位につく人物は、権力欲を全く持たない者でなければなら..
Weblog: 弥生艶葉樹(やぶつばき)のやぶの中
Tracked: 2016-11-24 11:25

夜明けは近い-191
Excerpt: 『真実の手がかりー133』2016/11/05 10:52 「・・・特に悪の蔓延る社会では、手を汚さなければ出世できないことが多い。そんな中では、出世する者の中より、不遇な人の中に、望むべきいわゆる..
Weblog: 弥生艶葉樹(やぶつばき)のやぶの中
Tracked: 2017-12-17 11:02