歌い手その2ー1-2

ひょんな事から元モーニング娘。後藤真希の歌う、カバー曲『空と君のあいだに』(2011年5月4日ミニアルバム『LOVE』)を聴いた。断然、彼女を見直した。
 モーニング娘。時代のミュージックビデオを視聴して、どこか翳のある女の子との印象はあったが、高橋愛に注目していたこともあり、正直取り立てて言うほどの歌い手とは思わなかった。だが、この曲を聴いて、うち顫えてしまった。本家中島みゆきの妖怪変化の鬼気迫る濃密な粘着力に対して、ほとんど淡泊に、清らかに、天使のように軽々と舞い上がる対蹠的な感懐を抱かせる。「君が笑ってくれるなら~僕は悪にでもなる~」懸命な一途な愛を、軽やかなまでに、清らかなまでに、さらりと歌い上げている。思いを内奥にまで突き抜いた者だけが伝えられる本物の波動がひしひしと伝わってくる。
 彼女は2002年9月23日にモーニング娘。を卒業しているから、このときまで分からなかったのだが、彼女のシングルを聴いてみると、2004年7月7日発売の『横浜蜃気楼』で内奥に突き抜けたのが分かる。と言うことは、高橋愛より10ヶ月ほど彼女の方が先だったわけだ。
 その特徴を最も分かりやすく拾えば、それ以前では歌声が、単発で広がりがなく、薄っぺらく、体の表層で萎み消えてゆくが、以降では、被せたように重層的で厚みがあり、体に染み込んで心を大きく揺さぶる、と言うことになろう。
 彼女は、2011年12月4日のソロライブをもって活動を休止し、2014年6月16日に芸能活動を本格的に再開した。活動休止には原因理由が様々に挙げられるが、その1つに完璧主義の彼女の性格があると思う。
 性格などと言うと、一般には精神的に築き上げられた性質、心によって養い育てられた性質を思い浮かべるが、大雑把に言うと、性格を決定しているのは体であるというのが野口晴哉氏の『体癖』である。体の癖を診断すれば性格が判断できるというこの説を、理論的に推し進め、経脈を太陽と月に分類し、それぞれに1つ、それぞれの5行が同じではない気の通りやすい経脈があって、これが体癖と性格を決定しているという『5行類型論』を竹下雅敏氏が打ち立てた。
 彼女の体を直接診断することはできないが、5行類型論に従って個人を特定したカードを作成して調べると、気の通りやすい経脈が分かり、そこから体癖、性格が分かる。
 この方法だと、生きている人だけに留まらず、故人やひいては神様の性格まで分かる。
 それに拠ると、彼女は月のひのゑで9種に当て嵌まり、『体癖』から完璧主義の性格が分かる。9種は、とことん理想を追求し、理想に及ばない完成に妥協できない面があり、往々にして欲求不満を溜め込み一時に爆発させることがある。(自分のこだわりの、本当は困難である区切りを、独断で肯定的な方につけて解釈してしまう)また、オール・オア・ナッシングの極端に走りがちである。
 自分の思い描く理想とは違う芸能活動ならば、いっそやらない方が良い、となる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

性格1ー1
Excerpt:  肉体と精神は分かちがたいことを、現在の私たちはよく知っているが、18世紀に登場するデカルトの二元論以来、精神が肉体より優位に立つとか、殊の外理知を崇め感情や霊的な物事を蔑ろにするとか、変な解釈、傾向..
Weblog: 弥生艶葉樹(やぶつばき)のやぶの中
Tracked: 2014-10-14 13:01

歌い手その4
Excerpt:  高橋愛のブログ「I am AI.」を見ていたら、ラベンダーのライブへ行ったと言う話だった。その中で、田中れいなが更に歌がうまくなっていたと言う。才能のある歌い手が、他の歌い手にお世辞など使うわけはな..
Weblog: 弥生艶葉樹(やぶつばき)のやぶの中
Tracked: 2014-12-08 12:47

両者を比較する-267
Excerpt:  またぞろモーニング娘。のOGが、世間を賑わしている。  後藤真希である。  週刊誌の一報は不倫だと言うことで、まずは徳目の禁欲を見てみる。
Weblog: 弥生艶葉樹(やぶつばき)のやぶの中
Tracked: 2019-03-18 12:35