歌い手その3ー2-3

 金澤朋子は、3月19日発売のJuice=Juice3枚目シングル『裸の裸の裸のKISS』で内奥に突き抜けたのが分かる。彼女のことはデビューのときから甘い歌声で知っていたが、このようなひっくるめて綺麗な歌声が突出して感じられる歌い手は、ややもするとそれだけで終わってしまい、自分のためにだけ歌うようになる虞があると危ぶんでいた。その原因に、綺麗な発声にばかり気を取られて、歌の内容に気が廻らなくなること。もっと声を張るところで、自慢の声にはぐらかして、中途半端にしか声を出さないこと。平坦に納まりがちなことがある。利点と思われることも、羨むほど良いことばかりが待ち受けているわけではない。幸いなことにこれも杞憂に終わった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

歌い手その5
Excerpt:  歌い手その3ー1では、ODATOMOの小田さくらと金澤朋子に触れたが、今回は、Juice=Juiceの金澤朋子と高木紗友希に焦点を当てる。どちらも金澤朋子の方が歌の才能のレベルがワンランク上の二組で..
Weblog: 弥生艶葉樹(やぶつばき)のやぶの中
Tracked: 2015-01-25 12:54